FC2ブログ
マイレージ・JAL JGC/ANA SFC修行 TOP > 航空ニュース情報 > A380導入判断先送りANA

A380導入判断先送りANA

ANAがボーイング787の納入遅延に対して、エアバス社のA380導入を検討していましたが、世界的な不況のため、先送りという判断に。


■A380導入判断先送りANA

全日空大型機導入の判断先送り 旅客動向予測しにくく (毎日新聞)

全日本空輸は19日、国際線用に大型の新機種を導入するかどうかの判断を先送りすると発表した。金融危機と急速な景気悪化によって、旅客の動向を予測しにくくなったため。

全日空は今年7月に社内に新機種選定委員会を設置し、欧エアバス製の超大型旅客機A380と、米ボーイング製ジャンボ機の改良版B747-8を検討対象にしていたが、作業を中断する。再開は今後の状況変化に応じて決める


アメリカ発の世界不況が、航空会社の経営にも影を落としていますね。

ANAのこの判断は、正しいのではないかと思います。


個人的には、A380やB787が早く就航するといいと思うのですが。

(B787は先日、さらに納入延期が発表)。


全日空A380購入へANA


タグ:A380導入判断先送りANA

「マイレージ・JAL JGC/ANA SFC修行」内で同じタグの記事へ

エアバスA380

FC2ブログ内で同じタグの記事へ

エアバスA380

同一カテゴリー「航空ニュース情報」内の関連記事


コメント:[A380導入判断先送りANA
導入は絶望ということで

 テレビのニュースは冒頭から、失業と生産調整ばかりですね。そんな世相で、口にするのすら憚られますが、もはや全日空のA380導入は絶望でしょう。不景気で客が減り、あんな巨体が席を埋められずに飛ぶなどと考えたら、経営陣というか上層部というか、目まいがするんじゃないでしょうか。そして、ドバイ自体が傾いているエミレーツやシンガポール航空などすでに就航させている航空会社には、苦難が待っているのだろうと思います。全日空は、大きすぎず、燃費のよいB787を待った甲斐があるというか、どんなに遅れても待つしかないというか、それも情けない事態ではありますが、この道を進むしかないでしょうね。
 シンガポール航空がA380をきっちり飛ばしているうちに、搭乗しようと考えるようになりました。もちろん、いったん就航した以上、あと10年は、運行をやめるってことはないでしょうけど。

大型機の需要

ANAのA380導入は難しいと思いますよね。
>全日空は、大きすぎず、燃費のよいB787を待った甲斐がある
ストライキの影響が続いているとはいえ、待つしかないですよね。

>シンガポール航空がA380をきっちり飛ばしているうちに、搭乗しよう
なるほど、A380があまり広まらないかもしれませんね。A380搭乗してみたいですね。


A380導入へむしろ前進では?

冷静に文章を読んでいけば、来年度以降の結論の先送りに過ぎないということが読み取れるのではないでしょうか。秋口あたりに「このままこの話は消えてなくなるのでは」と言われていた事を思えば着実に前進していると思います。

日本ではA380への妙なネガティブキャンペーンが浸透してしまっているようですが、それに惑わされないように頭を冷やしてきちんと物事を判断していきたいものですね。私はA380は導入されると思っています。

先送り

航空ファンさん、コメント有難うございます。
ご指摘のように、A380に言及されている、という点では話が消えて無くなった、というわけではないと思います。
ただ、「作業を中断する。再開は今後の状況変化に応じて決める」とありますので、世界不況がどのくらい続くかわからない状況では、実質凍結を発表したのではないでしょうか?。原油価格も大きく下落し、今年の夏の状況ほど燃油の問題が切迫していないのもあるでしょう。B787の納期が延期に延期されていますが、そうこうしているうちに納期になった、という結果になると思います。個人的にはA380を導入して欲しいですけど。
オバマの就任で何が変わってくるか?注目です。

願望、長期的戦略、そして現実

 私自身、願望としてはA380の導入を切に願っています。航空会社の長期的戦略としても、顧客に夢を感じさせるし、不景気が数年以上続くと考える人はほとんどいない一方、機材は一旦導入すれば10年以上は使うものなので、将来の需要を織り込んでA380を導入するという考えも成立するんじゃないかと思います。
 しかし、最近ではどの企業もそんな長期的な投資をするゆとりがありません。航空会社も例外ではない、というか、もっと浮沈が激しいですね。将来の需要も、日本の場合、むしろすっかり影が薄くなった関空を盛り上げる、すなわち中型機を成田と関空から飛ばす、成田だけだとしても、需要に応じ中型機の便数増減で柔軟に対応する、というほうが現実的だと、今だけを見れば、思えそうです。
 先日、時事通信が、「日航がB747の2階席を閉鎖して運行の可能性」という記事を流しました。席がある限り、売らざるを得ません。売れなければ安くせざるを得ません。しかし、ダンピングは自分で自分の首を絞めるだけです。それで一部の席をないことにする。その現実を目の当たりにしたとき、A380の導入など、とても考えにくいというのが現実だと思います。少なくとも、シンガポール航空やエミレーツなどがどう運用するのか、観察してからでも遅くないでしょう。シンガポール、ドバイ、A380を導入してないけど、香港、ソウル。これらいずれも一国にひとつのハブ空港しかない小国です。その昔、日航はB747すなわち大型機の保有数がトップクラスでしたが、関空の活用も考慮すべき今後の日本と「大型機で一気に運ぶ」小国ハブとはちょっと事情も違うともいえそうです。残念ですが。

B747二階席閉鎖

いつかさん、コメント有難うございます。
B747の2階席を閉鎖して運行する、という記事を読みました。
空席になるならば、初めからなかったものにしてしまえば、CAさんの人員配置、備品や空調などを節約できる、ということですね。
関空の活用は、橋下知事が主張していますが、うまくいくのですかね。

SQのA380(長文)

 シンガポール航空でロンドンに行きまして、往復計4回、A380に乗ってきました。出国時は、例によって全日空Fラウンジですごしたのですが、実は成田発着のA380は専用ゲートを使ってて、それがFラウンジのすぐ横にあり、今までもラウンジに行くたび、姿は見ていたのでした。
 専用ゲートとは1階と2階の入口両方に入れるようになってるゲートってことですが、私は2階席なのにうっかり1階席の入り口に行ってしまい、機内に入ってから一番後ろのらせん階段まで移動して階上に行き、さっそく機内の広さ、長さを実感しました。「機内の階段」はB747でもさんざん登ったけど、B747では2階席は主翼より前ですが、A380で2階最後尾に設定されているYの窓から外を見ると、主翼をそれより後ろの高い位置から見下ろしてる状態となり、オール2階建てに乗ってるって感じがしました(というかこういうリクツっぽい観察をしないと2階建てというのが乗っちゃうとよく分からない)。シートポケットの「安全のしおり」を見たら、海上不時着時のイラストで救命いかだに避難している乗客の数がすごく多く描かれていて、さすが超大型機だなと(笑)。
 2階の前方はCクラスですが、幅広重厚でソファみたいな席がきちんと前向きに1-2-1で並んでいます。他社は小さい機材にフルフラットシートを詰め込んでいるため、もっと幅が狭く線の細いシートを斜めに配置してますから、やっぱ余裕を感じます。
 機内は9割くらい埋まってました。機内モニターはUSBディスクのデータを読めるというので、用もないのに持参。たしかにエクセルやら画像やら読めるのですが、読み込みに時間がかかるし、その後モニターの調子が悪くなって映画とか音楽に一時アクセスできなくなっちゃって、使わないほうが無難なようです。コントローラーの裏のちっこいキーボードで文字が打ち込めるようですが、そこまでやるならノートPC持ち込むでしょうねえ。
 機内食はさすがです。昔ながらのそれなりの美味しさで、日系がどんどんレベルを下げているのを改めて感じてしまいました。甘くて濃いシンガポールスリングなんか飲ませてもらって、シンガポール着。ロンドン行きまで5時間あるので、露天のトランジットプールへ。900円、ワンドリンクつき。成田のFラウンジでシャワー浴びたのに、また泳いでデッキチェアに寝そべってジャグジーでまったりして、シャワーすることに。最近、飛行機に乗るたび体洗ってる気がします(笑)。成田=シンガポール=ロンドンは全てターミナル3の発着ですが、そこのラウンジはシャワーがないので、わざわざ別のターミナルのラウンジにもお出かけしました。時間はあるもんだから。
 シンガポールからロンドンもけっこう混んでました。
 帰国時、ロンドンのラウンジでは、シュウマイ、カレーが食べられますが、寿司がひどかった。ぼそぼそのお米が最低で。シンガポールまでYはほぼ満席。トイレが少ないかも。ふだんは空いているのですが、食後など多くの人が行きたい時間帯というのがありますね、そういうときの行列が結構長くなるのが超大型機って感じです。自席が2階のときに、トイレが混んでたら、らせん階段を下りて1階のトイレ使ってました。
 シンガポールから成田への便は客は半分くらいでした。
 いずれ、A380のCが全日空に特典開放されたら、そっちに乗ってみたいもんです。あれだけ席数があるし、世界中不景気だし、そう遠くない日に開放するのではと祈っていいのかどうか分かりませんが。

SQのA380

いつかさん、SQのA380搭乗してこられたのですね。
>私は2階席なのにうっかり1階席の入り口
ゲートは、1階と2階の席で違うのですね。機内での階の移動が一番後ろとは、大変ですね。
>海上不時着時のイラストで救命いかだに避難している乗客の数がすごく多く
この乗客の多さもスケールを物語りますね。
>機内モニターはUSBディスクのデータを読めるというので、用もないのに持参。
これも、いつかさんの予習の成果なのでしょうね(笑)。でも、調子が悪くなるとは、イマイチのようですね。
>露天のトランジットプールへ。900円、ワンドリンクつき。
空港にはトランジットプール、というのもあるのですか。初めて知りました。泳いで時間を過ごす、いいですね。シャワーに入りまくりですね(笑)
マイルでビジネスクラスを開放してくれたら、チャレンジしたいですね。
そう、ロンドンでは、何泊されてきたのですか?

SQの楽しみ

>機内での階の移動が一番後ろとは、大変ですね。
 せっかくのA380搭乗ですから、前から後ろまで歩いて大きさを実感するのが楽しいです。

>そう、ロンドンでは、何泊されてきたのですか?
 今回は1週間の日程でした。

 PPの掛率が100%で、搭乗PPも400P×4区間ついて20000PPを越えます。1PPあたり7円少々なのでけっこう効率がいいです。というわけで、来年度BRZになりました(笑)。

来年度ブロンズ

そうそうに到達ですか。
シンガポール航空のロンドン行き、1PPあたり7円とは効率がいいですね。燃油サーチャージが下がればなおいいですね。
この時期に1週間の旅行、うらやましいです。

スタートダッシュ

>この時期に1週間の旅行

 休みはそれなりに自分で決められるので、運賃の安い時期に、と思うと年の後半よりは前半のほうに集中する感じがします。夏休み、秋の行楽シーズン、年末と続く、高くて混む時期は昨年もあまり出かけませんでした。スタートダッシュのつもりはなくて、今年は後半もサーチャージゼロで割安感があるといいんですけどね。とりあえずアップグレードポイントをどう使うかが検討課題です。国内線、たぶん全然乗らないし。

アップグレードポイント

なかなかうまく利用できないんですよね、アップグレードポイントは。
対象となる運賃が、正規運賃クラスで高いのがネックです。
休みが閑散期に取れるのはいいですね~。
お盆や年末に休んでも、価格が高し、混んでいるんじゃ、外にも行きたくなくなっちゃいます。

A380で事故

 いちおうA380で検索したらこのスレがでてきたのでこちらに。
 カンタス航空のA380が事故を起こしましたね。ロンドン発シンガポール経由シドニー行きのシンガポール離陸直後ということで、新聞サイトでは「エンジン落下説」まで出ていましたが、実際には「エンジンカバー落下」ということのようです。すでに写真も出ていますが、もちろん、部品が地上に降ってくるなんて大変なことです。いったんカンタスはA380の全フライトを中止して点検しているようです。

 A380は、成田では専用ゲートってことで毎日の定番、46番シンガポール航空のおとなり、45番ゲートにルフトハンザ機が停止しているのを見ました。2機並んでいるのを見ると、そういう時代になるのかなあ、とちょっと思えたのですが、まあ国内2社の導入は少なくとも数年はありえないですね。

NHKでみました

いつかさん、コメント有難うございます。
NHKで報道されているのを見て気づき、記事を作成しました。

落下した赤と白の破片、生々しいですね。
ANAとJALがA380を導入は当面ない、に同感です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:[A380導入判断先送りANA
トラックバックURL:
http://krugcollection.blog86.fc2.com/tb.php/1155-c8029937

マイレージニュースヘッドライン(2008/12/13~2008/12/22)

こんばんは、マイレージ・クレジットカード好きのジョージ滝川です。 今週も、一週間のマイレージ関係のニュースをまとめて振り返りたいと思います。 なお、メールマガジン読者の方には同様の内容+αを毎週土曜日発行のメールマガジンで一足お先にお届けしています...


タグ: JAL上級会員 空港ラウンジ JMBサファイア ANAカード ビジネスクラス スターアライアンス ANA上級会員 陸マイラー ANAプラチナ ANA陸マイラー ワンワールド SFCカード サーチャージ ダイアモンド ワールドパークス ノースウェスト航空 スイカsuica 機内食 特典航空券 JAL陸マイラー ANAJCBカード 成田空港 JAL修行 JGC修行 JGCカード ダイナースクラブ 南アフリカ ユナイテッド航空 格安航空会社LCC ANA修行 アップグレード SFC修行 ANAVISAカード ファーストクラス Gポイント攻略法 マイレージプラス 特典カレンダーと手帳ダイアリー 世界遺産の旅 電子マネーWAON ボーイング787 Edyチャージ改悪 トルコ ANAAMEX コードシェア JGCプレミア PEX攻略法 デルタ航空 パスモpasmo ANAマイレージ改悪変更 スカイマーク ケープタウン イスタンブール ANAプレミアムクラス スカイマイル JALカード 優先搭乗 ANAストライキ CMサイト攻略法 羽田空港 チェックインカウンター ライフカード キャセイパシフィック カンタス航空 ブリティッシュエアウェイズ JALマイレージ改悪変更 ヨハネスブルグ オーストラリア エアバスA380 JAL国内線ファーストクラス ANAプレミアムパス 香港 ルフトハンザドイツ航空 CMサイトでマイル JALストライキ 新型インフルエンザ トルコ航空 スルガ銀行ANA支店 ジェフグルメカード フランクフルト AZUREアズール 公共料金クレジットカード支払い ケアンズ マクロミル攻略法 エアーズロック QUICPayクイックペイ カッパドキア トラべレックスでマイル シドニー Pontaポンタ パリ パムッカレ JAL株主優待 ウィーン オーストリア航空 北京 GetMoney!攻略法 Yahoo!ショッピングでJALマイレージ ANAダイナースカード スカイチーム mpackでマイル ソウル仁川 ANA株主優待 タヒチ旅行 アシアナ航空 へそクリック攻略 ロンドン モンサンミッシェル コペンハーゲン 中国国際航空 ネットマイル攻略法 マイル事後登録手続き へそクリック攻略法 ちょびリッチ攻略法 楽天市場でANAマイレージ ボイスポート攻略法 楽天カード Smartplus/VisaTouch スカンジナビア航空 MyPoint/マイポイント攻略法 ランス JALマイルフォン ANA生涯マイル ヴァージンアトランティック航空 ANA旅達 クレジットカード海外旅行保険 ECナビ攻略法 


track feed マイレージ・JAL JGC/ANA SFC修行
SEO対策:ANA:JAL:マイレージ:旅行:管理者ページ