マイレージ・JAL JGC/ANA SFC修行 TOP > スポンサー広告 > スポンサーサイト> ANAマイレージクラブAMC > シートや機内食を一新2010年新しいANA

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シートや機内食を一新2010年新しいANA

ANAは、2010年2月より成田=ニューヨーク線に就航のボーイング777-300ER機には、ビジネスクラスにフルフラットシートを導入し、また全席通路アクセスを実現します。また、空港ラウンジや機内食なども改良し、“Inspiration of Japan”の展開をスタート。


■シートや機内食を一新2010年新しいANA

2010年、新しいANAがスタート~日本発のひらめきを世界に、新ブランド“Inspiration of Japan”


■シートや機内食を一新2010年新しいANA

新造機運航開始:2010年2月20日(土) (予定)

  • 導入路線:成田-ニューヨーク(2/20~)隔日運航
  • 2010年度以降早期に、フランクフルト線、ロンドン線へ導入し、2011年度内に欧米路線へ拡大予定。
  • 座席数:ファーストクラス 8席、ビジネスクラス 68席、プレミアムエコノミー 24席、エコノミークラス 112席

ファーストクラス、ANAダイヤモンドサービスメンバー対象サービス

  • 搭乗手続き: ANA SUITE CHECK-IN (2010年秋サービス開始予定)
  • 空港ラウンジ: ANA SUITE LOUNGE (2010年2月リニューアル)

シート

  • ファーストクラス:ANA FIRST SQUARE
    従来よりも高い壁面でシートを囲んだ居住性の高い空間
  • ビジネスクラス:ANA BUSINESS STAGGERED
    フルフラット、全席通路側スタイルを実現
  • プレミアムエコノミー、エコノミー:Fixed back shellを採用しリクライニングの際、後部座席に干渉しない構造

その他

  • ファーストクラス、ビジネスクラスの機内食:白米、健康米等2種類の炊きたてごはん、モニターのタッチパネルでお食事やお飲み物をご注文
  • 温水洗浄便座:ファーストクラス、ビジネスクラス

この新プロダクトサービスブランドは、「日本のおもてなしの心」が特徴とされ、導入によりANAは年間50億円の増収効果があるとも報道されています。


ビジネスクラスの全席通路側という発想は、好評になると思います。しかも、千鳥配置なので、隣に乗客がいないというにも、くつろげそうです。


特典航空券を取って体験してみたいですね。

2010年、成田-ニューヨーク線から新しいANAがスタート2010年、成田-ニューヨーク線から新しいANAがスタート

ANA SKY WEB

タグ:シートや機内食を一新2010年新しいANA

「マイレージ・JAL JGC/ANA SFC修行」内で同じタグの記事へ

FC2ブログ内で同じタグの記事へ



同一カテゴリー「ANAマイレージクラブAMC」内の関連記事


コメント:[シートや機内食を一新2010年新しいANA
ANAたについてゆきます

 昨年と今年の合計でプレミアムパス1枚分以上を航空券(大半が全日空)に注ぎ込み、途方にくれていました。来年は「最高でもPLT、なるべくBRZでがまん」と決めていたのに、この発表。おとといは、「死去」「逮捕」「つづいている日航問題」と大きなニュースが多い中、こんな発表まであって来年ももしかしたらDIAまで、と思ってしまう自分が怖いです。

 ですので自分を抑える意味でひとつ悪口を。たぶんCクラスの機内食はちょっと劣化するだろうと思っています。「栗原はるみさんの家庭料理」なんですけど、家庭料理だけに材料費もそうそうかけないというか(笑)。am/pmの「とれたて弁当」みたいな感じにも見えるし。パフェがなくなっちゃうのも、かなり寂しいです。

 べつにJALがあんな状態のときにこんな景気のいい発表しなくても、という気もしますが、ずいぶん前から計画してたに決まってるから仕方ないですね。JALは追随して同じ土俵で競争するのか、それとも経費節減、低サービス志向で差別化を図るのか。日本ではそんな方向は、しかも天下のJALには無理でしょうけど。

ANAライズ

2年間でプレミアムパス以上ですかぁ、すごいです、いつかさん(笑)
ANAの新サービスのニュースは、いつかさんを大空へ誘うのか。

家庭料理というと、おいしいものであっても、材料が高いものではないかもしれませんね(笑)。JALは追随するというか、どういうかたちで経営が存続していくか、という時に、ANAがリードを広げた形ですね。ANAは、政府がJALをひいきするのを牽制していますし。

ちょっと気になる点が一つ。FチェックインカウンターからSFCが追放ですね。

いよいよかという感じですが。

SFCとANAのワイドカードの差が縮まりつつあるのを感じますね

Fカウンター

SFCは、ANAグループ便国際線を利用時は、FまたはCクラスチェックインカウンターでしたから、ちょっとサービスが低下ですね。
個人的には、チェックインカウンターは、FでもCでも空いているから、どちらでも、と思ってしまうのですが。

ワイドとSFCでは、かなり差が大きいと思います。
ラウンジ、手荷物許容量、到着時手荷物優先払い出しなど魅力、スタアラ便利用時のスタアラGは、すばらしい。

新造機Cクラスに乗ってきました

 全日空新造機のCクラスでニューヨーク往復してきました。とても満足できる、素晴らしい内容になっていると思いました。
 ただし、乗ってみて、Cクラスの理想形はひとつではないことに改めて気付かされました。全日空は考え、悩み、これこそが最善と思ったのでしょう。

 全日空の新Cクラスは、第一にフラットベッドであり、全席通路アクセスになっていて、とりわけ座席の状態と関係なく使えるサイドテーブルが飲食物や書類、本を置けて便利でした。その真下が、後ろの席の客が足を伸ばすオットマンとなるスタッガード構造により、上下で空間をうまく利用しています。スタッガード構造に加えパーティションが高く、顧客のプライバシー確保をかなり優先させています。

 私は、この構造を完全に支持しますが、そうでない考えもありうるとも思います。すなわち、サイドテーブルなんて無くていいから、そのぶんシートの幅が大きいほうがいいという考えがありえます。また、パーティションは、保安のため通路を歩くCAからは席が見えるが、座ってる客同士は互いが見えないという徹底的に考え抜いた高さになっていますが、それよりも開放感を優先するという考えもありえるということです。

 持参のUSBメモリから画像や音楽の再生が楽しめます。用もないのに試してみて、使えて面白いなと思いました。これはシンガポール航空A380にも導入されていますね。今後の方向なのでしょう。映画や音楽はエミレーツ航空のように大量のチャンネルを用意できるなら、そのほうが楽しめますが、そこまでのバリエーションになっていません(まあこれは新造機と関係なく全日空機共通ですが)。また、17インチテレビは充分な大きさなのですが、欲をいえば、固定で据え付けられており、何かの光を反射して見えにくかったりすることがありました。多少角度が可変であればカンペキだったように思います。
 
 食事は、選択肢を広げた分、出るのが遅くなったという話がネットに出ていましたが、たしかに以前より時間がかかるようになっています。グレードが落ちているのでは、という可能性も確かに感じました。ただ、復路でいただいた牛フィレフォアグラサンドは、やたらゴージャスでした。全日空サイトでは、
「豊富なアラカルトメニューのなかから、前菜、主菜、デザートなど自由にお選びいただけます。和食・洋食のコースメニューもございます」
と書いてありますが、現場は逆に、
「原則、和食・洋食のコースメニューいずれかでご注文ください。そこから外れた組み合わせも、受けなくもないかもしれません」
というかたちの運用が実態でした。私は、往路でコースから1品外れたものの組み合わせを注文したときに、ごくチラッと嫌な顔をされました(笑)。複路ではアラカルトな注文をしても問題なく受けてくれたので、サイトに書いてあることは間違いとまでは言えず、現場の苦悩がしのばれます。

 最新型だから当然かもしれませんが、私にとっては、最高のCクラスと言えます。ただ、今秋ロンドンにも就航するということで、自分的には全日空とヴァージンのCクラスは何度も乗せてもらっているわけですが、ヴァージンより全日空を選ぶかというと本当に迷うところです。ヴァージンの、夢のヒースローラウンジ、そしてゆとりあるユーモアが感じられる機内サービスは同じ土俵で語れない部分があります。ヴァージンはいつでも何度でもミールサービスを受ける、というのを実際に、にこやかにやってくれます。全日空も似たようなことをうたっていますが実態としては運用しきれていません。全日空の新造機でもバーコーナーは残りましたが、あくまでも多少の飲食物のセルフサービスコーナーというだけで、そこから持ち帰って席でいただきます。ヴァージンは椅子つきのバーでCAを相手に会話が楽しめます。そこらへん、全日空はまじめなビジネス目的で、機内でも仕事をするのに最高、遊びで乗るならヴァージンかな、という感じはします。スタッガードを目にして、ヴァージンのヘリンボーン配置は、斜めですからどうしてもデッドスペースができますし、進行方向に向かっていないということで、合理的というよりちょっとウケ狙いな感じだな、ということに気付かされました。

スタッガード構造

いつかさん、さっそく新造機Cクラスに搭乗されてきたのですね。
いつも詳細なレポートを有難うございます。

サイドテーブルと開放感ですか。私もANAの構造がいいように思います、ある程度の個人の空間が欲しいですし。

>持参のUSBメモリから画像や音楽の再生が楽しめます
こういうサービスが導入されてきているのですね。事前に知っていて準備しないと、持ち込めないじゃないですか(笑)

>「原則、和食・洋食のコースメニューいずれかでご注文ください。そこから外れた組み合わせも、受けなくもないかもしれません」
お好きな時にお好きなものを、とは随分違いますね。提供されるまでに時間がかかり過ぎた反省からやむを得ないのでしょう。ある程度は現場CAの裁量に任されているのでしょうか。料理提供までの時間と質は大事だと思うので、ANAに頑張ってほしいですね。牛フィレフォアグラサンド、食べたいなぁ。

ロンドン路線に就航すると、いつかさん絶賛のヴァージンとの嬉しい悩みになりそうですね。行きはANA、帰りはヴァージンと特典航空券が取れると、一度に経験できていいかもしれません。両方、はやく体験してみたいです。

シート設計のお国柄

>サイドテーブルと開放感ですか。私もANAの構造がいいように
>思います、ある程度の個人の空間が欲しいですし。

 私もそう思っているわけですが、日本人の感覚かもしれません。もちろん日本の航空会社だからそれで何の問題もないのですが、欧米の感覚は別なのかな、ということをちょっと思っています。私もほとんどの場合、エコノミーに乗っているわけですが、日米欧問わず、どの航空会社でもエコノミーのシートスペックって大差ないですよね。でも、欧米人って平均的に体格の大きい人がいます。つまり、たとえばドイツ人がルフトハンザのエコノミーに乗ると、とても窮屈そうに見えます。エコノミーだから、自国人が窮屈でも仕方ないってことですかね。

 ルフトハンザを例に出したのは、A380を就航したからで、特典利用しようかと思ってホームページを見てみましたが、あの空間の広い機材を導入してるのに、ファーストですら、常設サイドテーブルもなければ、パーティションもないようなシートに見えます。全日空のほうが断然勝ってると思うんです。ヴァージンのアッパーも、パーティションは低いので、座ってる客の顔が互いに見えます。しかも、斜めに座っているので、一人ではなく何人かの顔が、パーティションから突き出てるのが見えちゃうんです。欧米のほうがプライバシー確保に敏感だと思うのですが、たかが飛行中の12時間は割り切っちゃうのでしょうかね。

>>持参のUSBメモリから画像や音楽の再生が楽しめます
>こういうサービスが導入されてきているのですね。事前に知って
>いて準備しないと、持ち込めないじゃないですか(笑)

 ちょっと先端すぎるというか、それなりに導入にお金かかる割に、周知しないと意味なさそうな感じがしますね。

>>お好きな時にお好きなものを、とは随分違いますね。提供されるまでに時間がかかり過ぎた反省からやむを得ないのでしょう。ある程度は現場CAの裁量に任されているのでしょうか。

 搭乗すると配られる紙のメニューを見ても、ホームページでの紹介とちょっと違うのです。つまり、ホームページでは、
前菜 A B C
主菜 D E F
と書いてあるから、3×3で9通りの組み合わせがあるように思えるのですが、紙のメニューでは
和食コース AとD(Fも選択可)
洋食コース BとE(Fも選択可)
という書き方をしています。そこで「AとEを組み合わせたい」なんてことを言うと、CAさんによっては、ちょっとご機嫌を損ねたりとかね(笑)。食事のグレードについては、舌の肥えてない私としては断定的には言えないのですが、以前のCクラスでは機内でCAのお姉さまが組み合わせたと思しきアイスとフルーツ、チョコのちょっとしたサンデーがデザートだったところ、今回はアイス2種の組み合わせで、カチンコチンに凍ったまま出てきたので、機内で何もしてねえな、とちょっとガッカリでした。

>>行きはANA、帰りはヴァージンと特典航空券が取れると、一度に経験できていいかもしれません。

 あーそれ、理想的ですね。ご存知で書いているのでしょうが、ヴァージンはスタアラじゃないから、そういう取り方は実際は出来ないんですよね。

 ニューヨークではDIAだと英国航空のファーストクラスラウンジが使えたのでした。シャワーをしっかり浴びて(←ここ重要)、まあラウンジはふつうでした。パソコンがあって、おにぎりとかカップラーメンとか。同じ時間帯に英国航空便はないらしく、日本人ばかり。寿司が出たなと思ったら、たちまちなくなってて、追加もありませんでした。ラウンジとしてはちょっとがっかりだったのは寿司のせいばかりではなく、英国航空にはヴァージンというサービスに異常に力を入れるライバルが宿命的に存在するので、ニューヨークでも、ラウンジに力を入れているかな、と思ったのですが、そうでもなかった印象だったのでした。

提携航空会社の特典航空券

いつかさん、コメント有難うございます。
>エコノミーだから、自国人が窮屈でも仕方ないってことですかね。
いくら体格がいいからといって、席数を自ら減らすようなことを、航空会社はしないのでしょうね。標準的なシートを主張するでしょうね。
ヴァージンの斜めに座る、というのは非常に興味深いですね。

>和食コース AとD(Fも選択可)
>洋食コース BとE(Fも選択可)
これ、なんかずるいですね。じゃぁ、前菜Cは選べるのか、とか勘ぐってしまいます。

>CAのお姉さまが組み合わせたと思しきアイスとフルーツ、チョコのちょっとしたサンデー
これ、好評だったようですが、今回のデザートはカチカチでしたか。そのまま出しただけですね。

提携航空会社だと、単一でしか特典航空券は取れないのですのよね。
BAのCクラスのラウンジサービスはシンプルだった覚えがあります。Fでも、サービスがいいとは言えないようですね。シャワーがあったのは、重要ですね(笑)。

今月のおどんぶり

>>標準的なシートを主張するでしょうね。

 その標準というのがですね、「ルフトハンザが依拠すべきドイツ人の標準」は「日本人の標準」より大きいんじゃないかなと思ったわけです。その国の平均身長とか平均体重がその国の「標準」じゃないかなと。でも、そういうのってくりゅぐさんも書かれたとおり、都合よく(欧米など体格の大きな国の人にとっては困ったことに)「国際標準」でシートスペックが決められているみたいですね。

 ドイツ人だと背の高い人もいますが、今回、ニューヨークに行ったら、時たま書いてますけど、やっぱり全体的に肥満が激しいです。そういう人がエコノミーで隣に来るのも本人も周りも窮屈で、でもだからってアメリカの航空会社が全体的にエコノミーのシートスペックを良くしちゃうと自分の運賃に跳ね返るだけですしね、まあ仕方ない話です。

>>これ、なんかずるいですね。じゃぁ、前菜Cは選べるのか、とか勘ぐってしまいます。

 前菜AとBはオードブル的なのですが、Cはサラダです。AないしBの代わりでも、あるいは加えて注文することも出来る感じです。

>>Fでも、サービスがいいとは言えないようですね。シャワーがあったのは、重要ですね(笑)。

 シャワーはビジネスラウンジにありました。また、全日空職員がBAラウンジなのにカウンターにいました。というところで、ふと今頃気付きましたが、他社でスタアラゴールドを持ってるエコノミー客が全日空ニューヨーク発成田行に乗るときはどのラウンジか。スタアラサイトで検索したら、出発する第7ターミナルのユナイテッドレッドカーペットクラブが表示されました。そっちはシャワーもないみたいだし、それよりはBAのほうがマシかなと(笑)。どういう経緯か、ファースト専用含め、レッドカーペットクラブがあるのに、少なくともAMCの客はBAに誘導するのですね。

 あーもうひとつ、今、全日空のサイトを見たら、すでに8月半ばだというのにラウンジでの月変わり丼が
『6月7日~6月30日の丼は「白海老かき揚げ丼」と「南高梅茶漬け」』
などと紹介されてます。ちょっと怠慢ですね。8月は「たらこ茶漬け」で、美味しくさらさらといただいたのですが、もう1つは「カツカレー」でした。食べてる人がいましたが、けっこうボリュームがありそうで、これから飛行機に乗るのに、と余計なことを思ったのでした。

国際標準

>そういう人がエコノミーで隣に来るのも本人も周りも窮屈で
たしかに、体格の大きな方が隣だと、窮屈な感じしますよね。通路に面していない席に座っていたら、余計にそう思っちゃいます。

>Cはサラダです。
そうなんですね。追加も可能なのですね。

>第7ターミナルのユナイテッドレッドカーペットクラブ
ラウンジの質としては、レッドカーペットクラブはいまいちなような。
搭乗口からBAラウンジの方が距離的に近い、ってこともありますかね?

>『6月7日~6月30日の丼は「白海老かき揚げ丼」と「南高梅茶漬け」』
そう記載してありました。今月はこれっ!、とラウンジのページから紹介されているといいと思うのですがね。
搭乗前にボリュームのある「カツカレー」ですか。他の方が食べているのをみると、食べたくなっちゃうのでしょうね。

全日空サイトの機内食表記

 ふと思い出したのですが、上で、

全日空サイトでは、
「豊富なアラカルトメニューのなかから、前菜、主菜、デザートなど自由にお選びいただけます。和食・洋食のコースメニューもございます」
と書いてありますが、現場は逆に、
「原則、和食・洋食のコースメニューいずれかでご注文ください。そこから外れた組み合わせも、受けなくもないかもしれません」
というかたちの運用が実態でした。

 と書かせていただいたのが8月でした。ところが、9月になったらサイトの表記が変わって、実態に合わせて和食、洋食のコースで注文できる、と書いてあるのです。もしかして、ここで指摘させていただいたことが全日空に伝わったかも?

 2月に新サービスを始め、たぶん最初はサイトどおりに自由に組み合わせて食べてもらうつもりが、とてもじゃないけど手間ひまかかって追いつかず、紙のメニューから、和食、洋食コースに書き換えた。次いで遅ればせながら、サイトの表記も変更した、ということでしょうけどね。まあ、なるべく客の選択を尊重しようという意欲はよかったんですけど、難しいところです。

機内食の表記

いつかさん、おはようございます。
>もしかして、ここで指摘させていただいたことが全日空に伝わったかも?
そうだとすれば、すごいことですね(笑)。苦情の中に、HPと違うじゃないか、という指摘が多かったのではないでしょうか?
サービスの自由度が高いと、その分、細やかな対応が必要であり、意欲と実態にズレがあったのでしょうね。

1年たったらこうなった(オニ長文)

 古い記事にコメントしますが、ここほど、1年間の変化がはっきり記録されているブログは他に無いと存じます。

 最近、ニューヨーク、ロンドンに行きました。いずれもアップグレード可能なY有償券だったので、アップグレードポイントをここぞとばかりに使いたかったわけですが、どんな使い勝手だったかというとこんな感じ。
ロンドン 往路 2ヶ月前の予約時にUGできた
     復路 予約して10日後、搭乗の50日くらい前にUGできた
ニューヨーク 往路 出発の12日前にUGできた
       復路 出発当日、ラウンジで呼び出されてUG
 結局、すべてUG出来てよかったのですが、言うまでもなく、あきらめかけたのはニューヨーク復路でした。ニューヨーク便は私が乗った便に限らず、いちばんCの特典空席がないと思います。私が乗った便は、出発4日くらい前から、正規運賃でもCクラスが買えなくなっているほどの満席だったので、UGに席は回らないだろうと思いました。とはいえ、一縷の望みをかけて空港に行き、どす黒い欲望が頭の中をぐるぐると(笑)。結局英国航空ラウンジのシャワーを浴びて席についたところでお呼びがかかりました。

 というのは前置きで、Cクラスの機内食なんですけど、ありきたりな運用の方向に向かっています。別に嫌ではないのですが。
 インスピレーションジャパンと銘打った当初は、機内食を一新し、タッチパネルオーダーなんていう、できもしない、やるべきでもないことを始めました。つまり、「お好きなものをお好きなときに」というキャッチフレーズで、前菜や主菜を自由に選べてそれをタッチパネルでオーダーできるというのですが、限られた人数のCAで、他にやることもあるのに、そんな複雑な回転寿司みたいな給仕などできるわけもなく、また、CAと客のコミュニケーションの中に「サービスのひとつとしての食事」があるという観点からも邪道でした。
 タッチパネルの食事運用は案の定、すぐに休止となり、いまだに復活していません。このまま廃止でしょう。
 前菜や主菜を自由に選べるのは、始めてすぐ、非現実的と分かり、まず、機内の紙のメニューでは和のコース、洋のコースを設定し、ただし、「たとえば和の前菜と洋の主菜の組み合わせも可」と書き添えました。ただし、ホームページでは、自由に選べるかのような記載を続けていました。つまりホームページと機内の紙のメニューの書き方が別、という姑息な体面保持をしていました。また、「和洋組み合わせ可」と書き添えてあるのに、実際に機内でそれを頼むと「はい?」という顔をされてから、受けてくれる、という事態になりました。実際、搭載数に余裕があるとはいえ、誰かがそういう注文をしたときは、別の人が洋の前菜と和の主菜を注文しないと、数が合わなくなるわけです。でも、「組み合わせ可」って書いてあるんだから、その通り注文して何が悪いの?というのが客の言い分になります。
 で、最近乗りましたらば、この「和と洋の混合注文可」の文章はなくなっていまして、和のコース、洋のコースがそれぞれ記載されている、ふつうの機内食になっていました。
 CAのおねえさまが作ってくれるパフェが一時廃止され、大変残念でしたが、復活となり、心やすらぐひとときです。まあそんなこんなで、ようやくCクラス機内食の運用も収まるべきところに現実的に収まってきたように思います。最初の意気込みは良かったというか空回りというか、もう少し考えればそんなの無理って分かりそうなもんなんですけど、飛行機(もしくは研修センターの模型)に実際の飛行時間と同じ時間、Cクラスを満席にするくらい社員を乗せて、実際にタッチパネルを使わせるとか前菜、主菜をバラバラにオーダーされたらどうなるか、というリハーサルというか実験はしなかったんでしょうかね。

ANAの機内食の変遷

いつかさん、コメント有難うございます。
お返事が遅れて申し訳ありません。

ニューヨーク、ロンドン路線、ともに人気がありますが、往復すべてアップグレードポイントでCクラス、結果よかったですね。

>結局英国航空ラウンジのシャワーを浴びて席についたところでお呼びがかかりました。
このタイミングでの案内もあるのですね。キャンセル待ち?していたのでしょうか。

>「お好きなものをお好きなときに」
最初、タッチパネルでいつでもどうぞ、でしたが、すぐにサービス中止になりましたよね。ちょっとシミュレートすればわかりそうなものなのに。

>ホームページと機内の紙のメニューの書き方が別、という姑息な体面保持
現場の実態は異なっているのに、HP記載はそのまま、は姑息ですね。「和と洋の混合注文可」の記載がなくなって、落ち着いた感じですね。
CAさんが作るパフェ、復活したのですね。おめでとうございます。いつかさんが、一時廃止となった際には、非常に残念がってらっしゃいましたよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:[シートや機内食を一新2010年新しいANA
トラックバックURL:
http://krugcollection.blog86.fc2.com/tb.php/1493-8c39934e


タグ: JAL上級会員 空港ラウンジ JMBサファイア ANAカード ビジネスクラス スターアライアンス ANA上級会員 陸マイラー ANAプラチナ ANA陸マイラー ワンワールド SFCカード サーチャージ ダイアモンド ワールドパークス ノースウェスト航空 スイカsuica 機内食 特典航空券 JAL陸マイラー ANAJCBカード 成田空港 JAL修行 JGC修行 JGCカード ダイナースクラブ 南アフリカ ユナイテッド航空 格安航空会社LCC ANA修行 アップグレード SFC修行 ANAVISAカード ファーストクラス Gポイント攻略法 マイレージプラス 特典カレンダーと手帳ダイアリー 世界遺産の旅 電子マネーWAON ボーイング787 Edyチャージ改悪 トルコ ANAAMEX コードシェア JGCプレミア PEX攻略法 デルタ航空 パスモpasmo ANAマイレージ改悪変更 スカイマーク ケープタウン イスタンブール ANAプレミアムクラス スカイマイル JALカード 優先搭乗 ANAストライキ CMサイト攻略法 羽田空港 チェックインカウンター ライフカード キャセイパシフィック カンタス航空 ブリティッシュエアウェイズ JALマイレージ改悪変更 ヨハネスブルグ オーストラリア エアバスA380 JAL国内線ファーストクラス ANAプレミアムパス 香港 ルフトハンザドイツ航空 CMサイトでマイル JALストライキ 新型インフルエンザ トルコ航空 スルガ銀行ANA支店 ジェフグルメカード フランクフルト AZUREアズール 公共料金クレジットカード支払い ケアンズ マクロミル攻略法 エアーズロック QUICPayクイックペイ カッパドキア トラべレックスでマイル シドニー Pontaポンタ パリ パムッカレ JAL株主優待 ウィーン オーストリア航空 北京 GetMoney!攻略法 Yahoo!ショッピングでJALマイレージ ANAダイナースカード スカイチーム mpackでマイル ソウル仁川 ANA株主優待 タヒチ旅行 アシアナ航空 へそクリック攻略 ロンドン モンサンミッシェル コペンハーゲン 中国国際航空 ネットマイル攻略法 マイル事後登録手続き へそクリック攻略法 ちょびリッチ攻略法 楽天市場でANAマイレージ ボイスポート攻略法 楽天カード Smartplus/VisaTouch スカンジナビア航空 MyPoint/マイポイント攻略法 ランス JALマイルフォン ANA生涯マイル ヴァージンアトランティック航空 ANA旅達 クレジットカード海外旅行保険 ECナビ攻略法 


track feed マイレージ・JAL JGC/ANA SFC修行
SEO対策:ANA:JAL:マイレージ:旅行:管理者ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。