FC2ブログ
マイレージ・JAL JGC/ANA SFC修行 TOP > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 航空ニュース情報 > 機内持ち込み手荷物のルールが変わります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機内持ち込み手荷物のルールが変わります

12月1日より、機内持ち込み手荷物のルールが、JAL、ANAはじめ国内全航空会社間で標準化されます。規定を超える大きさの手荷物は、保安検査場で検査ができなくなるようなので、要注意です。


■機内持ち込み手荷物のルールが変わります

手荷物に関するルールが変わります (ANA)

2009年12月1日より手荷物に関するルールが変更になります (JAL)


■機内持ち込み手荷物のルール変更

_12月1日より
重量10kgまで
個数1人につき1個まで
大きさ100席以上の機種:3辺の和115cm以内、55cm×40cm×25cm以内
100席未満の機種:3辺の和100cm以内、45cm×35cm×20cm以内

飛行機の座席数で、持ち込める手荷物の大きさが分けられるようになります。


100席以未満の機種では、3辺の和が100cm以内とは知りませんでした。

自分のキャリーケースが115cm以下なので、小型機に乗れませんね、気をつけないと。


手荷物が大きいと、保安検査場での手荷物検査機に通らなくなる、と書いてありますので、けっこう厳密にチェックされそうです。


いつも少し大きい荷物を手荷物としていた方は、ご注意を。


タグ:機内持ち込み手荷物のルールが変わります

「マイレージ・JAL JGC/ANA SFC修行」内で同じタグの記事へ

FC2ブログ内で同じタグの記事へ



同一カテゴリー「航空ニュース情報」内の関連記事


コメント:[機内持ち込み手荷物のルールが変わります
これが機内持ち込み?

ある日の那覇空港搭乗ゲートでのやりとり
係員「この荷物は機内持ち込みができません」
客「カウンターで預けてくださいと言われなかった。だからいいだろうと言う押し問答が続く・・・」
係員「こちらで預かり到着後お返しします」
客「しぶしぶ了承」
特に、那覇、札幌などの観光路線でよく見かける光景です。
しかし、このときの荷物はどう見ても機内には収まらないサイズなので何を考えているのでしょうか。こういう方が増えているようです。だからルールを徹底するのは仕方がないと思います。
最近は優先搭乗で通路側に座っているとキャリーケースを転がしながら通る人が多いですので、座席位置によっては搭乗口で最後に乗るようになりました。

僕としては

僕としては、むしろいいほうに評価したいと思います。
ANA便にほとんど乗るのですが、たまに時間が合わずADOやSNAなどのANAとのコードシェア便に乗ることもあります。
同じB737でも、ANAは3辺の和115cm以内、55cm×40cm×25cm以内に対し、ADOやSNAは3辺の和100cm以内、45cm×35cm×20cm以内のほうが適用なので、ANAとSNAで乗り継ぐ時にSNAでは機内持ち込みできないため苦労したことがあります。
そういう意味では全社統一されていいと思います。

僕はそれよりも、優先搭乗のマナーの悪さも何とかしてほしいと思います。
優先搭乗は前方のプレミアムクラスなどの席に座る人や上級会員の特権のはずなのに、この前乗った沖縄線では一般のおばちゃんたちの集団(明らかにツアー客っぽい)が我先にと優先搭乗で紛れて一緒に搭乗していて、係員が静止できずにいたので、マナーで守れる範疇を超えているなら端末などのハード面で対象外の人は通過できないように(自動改札機で切符を通しても乗り過ごしてたらゲートが開かないのと同じように)してほしいと思っています。

機内持ち込み超過

>カウンターで預けてくださいと言われなかった
ありがちな言い分ですよね。
保安検査場での手荷物検査機でどのくらいの人々が、「ダメ」といわれるのでしょうかね。

>キャリーケースを転がしながら通る人が多い
私は、狭い通路をうまく転がすのは結構難しいので、手に持っちゃいますね。通路側だと気になりますよね。

航空会社による違い

>ANAとSNAで乗り継ぐ時にSNAでは機内持ち込みできない
乗り継ぎだと起こりうることを経験されているのですね。
コードシェア便だと、運航会社のルールに従ったのですよね。

>優先搭乗のマナーの悪さ
特に、観光路線で見られますよね。ルールを知らずに行動しているのでしょうけど、係員の対応はしっかりしてほしいですよね。

自動改札機にすると、ひっかかった人は気まずい思いをして、その航空会社のリピーターにならないでしょうね。資格の有無がわかりにくいのならば、航空チケットの色を変えるとか、どうでしょうか?

政権交代の余波(むちゃくちゃこじつけ)

 私は小さい荷物しか持ち込まないので、カートをいつも苦々しく思っておりました(笑)。このテーマで読んだのは、朝日の記事。ttp://www.asahi.com/national/update/1129/TKY200911280392.html

 オーケストラなどが楽器の持ち込みを引き続き認めてほしい、と考えているのに対し、定期航空協会の

「事務局は『気持ちはわかるが、特別扱いすると、楽器以外の大事な荷物を貨物室に預けたお客さんからみて不公平になる』との立場を崩さない」

という文章が載っています。定期航空協会に心底同感、あっぱれだと思います。日本は、いろいろルールはあっても、柔軟に運用、というような「大人の解釈」でなし崩しになる場面が大変多く、要するにゴネ得が通用してきました。一部の人たちの暗黙の既得権をご破算にして、公平な政治が行われることを新政権に期待したいのとおなじことを航空会社にも期待したい、というロクでもないこじつけなわけですけど。

 国内線の場合、改札でかざすのが空港で発券された紙の搭乗券以外にパソコンのプリントアウトや携帯電話、クレジットカードなど多様化していて、優先搭乗客だけ紙の色を変える、というのは限界がありますね。まあ、例えに出てるツアー客については、空港発券でしょうから可能かもしれませんけど。手荷物のルール統一は、ゴネ得に対するクレームに加え、保安上の理由があるのでしょうが、優先搭乗問題も少なくともクレームはあるでしょうし、図々しい人が増えてる現実もあると思うので、アメリカなどのように、厳格に運用してほしいと思います。

楽器の機内持ち込み

asahiの記事を見ました。
AB券を使っている人は、ほとんど見たことがないですね。
楽器の持ち込みは、自分が演奏者ならば、継続したいですね。
でも、例外を認めるとゴネ得になりやすいですよね。

政権交代しましたが、日本郵政社長に斉藤次郎を起用して、官僚OBは採用しない、という主張があやしくなっています。
この辺が、なし崩しにならないといいのですが。

>優先搭乗客だけ紙の色を変える、というのは限界がありますね
そうですね、いろいろな搭乗券の形式があるので、画一的には難しいですね。優先搭乗は、搭乗口で、搭乗できる対象者をボードに提示して順番に案内する、など努力もうかがえますがね。

搭乗順番の徹底

 DIA2年目ですっかり傲慢(笑)になった私は、搭乗開始というと優先搭乗できて当然と思って搭乗口に向かいますが、その調子でアメリカ国内線に乗ろうとして止められたことがありました。機体が小さくて通路が真ん中一本のせいか、優先搭乗をやらずに客席を前からブロックに分け、厳密に後ろのブロックから搭乗させていたのでした。そういう案内パネルもあったし、アナウンスもしてたような気がしましたが英語なので聞き流して搭乗しようとしたら、容赦なく止める。

 こういうシンプルで厳格な運用が、日本でもやがて普通になるかもしれません。アメリカが先行しているのは、図々しい人(搭乗順を守らない、指定とは別の席に勝手に座って動かない、巨大な荷物を持ち込もうとする、モタモタとマイペースで荷物を収納して後ろがつかえる)が多いせいでしょう。見習わずに済めばそれに越したことないのですが、まあ遅かれ早かれ同じ道を歩むのでしょうね。持ち込み手荷物の厳格化、次にこの搭乗順の厳格化、やがては預け荷物の有料化という道です。

優先搭乗のないフライト

>DIA2年目ですっかり傲慢(笑)になった私
そして、もうDIAなしにはいられなくなる(笑)

>優先搭乗をやらずに客席を前からブロックに分け
外国でそういう誘導の仕方を経験したことがあります。
順番に後ろから搭乗させるんだ、と思いましたね。間違えて来た搭乗客は、追い返されてましたね。

>やがては預け荷物の有料化という道
最終的にはこうなりますかね。サービスをシンプルにして、追加サービスに課金していくのですかね。

優先搭乗

少なくとも羽田の登場口はカード等かざしたら係員側のモニターにステータス表示されるので、後は係員が止めるかどうかなのですが。

個人的には機内持ち込みより受託手荷物の厳格化の方が切実。

ステータス表示

モニターに出るのでしたら、係員が止めるかどうかですね。
今回、ANAの場合、受託手荷物については、3辺の合計サイズ以外は、緩和されているようですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:[機内持ち込み手荷物のルールが変わります
トラックバックURL:
http://krugcollection.blog86.fc2.com/tb.php/1509-341dae52

マイレージニュースヘッドライン(2009/11/28~2009/12/5)

こんばんは、マイレージ・クレジットカード好きのジョージ滝川です。 今週も、一週間のマイレージ関係のニュースをまとめて振り返りたいと思います。 なお、メールマガジン読者の方には同様の内容+αを毎週土曜日発行のメールマガジンで一足お先にお届けしています。


タグ: JAL上級会員 空港ラウンジ JMBサファイア ANAカード ビジネスクラス スターアライアンス ANA上級会員 陸マイラー ANAプラチナ ANA陸マイラー ワンワールド SFCカード サーチャージ ダイアモンド ワールドパークス ノースウェスト航空 スイカsuica 機内食 特典航空券 JAL陸マイラー ANAJCBカード 成田空港 JAL修行 JGC修行 JGCカード ダイナースクラブ 南アフリカ ユナイテッド航空 格安航空会社LCC ANA修行 アップグレード SFC修行 ANAVISAカード ファーストクラス Gポイント攻略法 マイレージプラス 特典カレンダーと手帳ダイアリー 世界遺産の旅 電子マネーWAON ボーイング787 Edyチャージ改悪 トルコ ANAAMEX コードシェア JGCプレミア PEX攻略法 デルタ航空 パスモpasmo ANAマイレージ改悪変更 スカイマーク ケープタウン イスタンブール ANAプレミアムクラス スカイマイル JALカード 優先搭乗 ANAストライキ CMサイト攻略法 羽田空港 チェックインカウンター ライフカード キャセイパシフィック カンタス航空 ブリティッシュエアウェイズ JALマイレージ改悪変更 ヨハネスブルグ オーストラリア エアバスA380 JAL国内線ファーストクラス ANAプレミアムパス 香港 ルフトハンザドイツ航空 CMサイトでマイル JALストライキ 新型インフルエンザ トルコ航空 スルガ銀行ANA支店 ジェフグルメカード フランクフルト AZUREアズール 公共料金クレジットカード支払い ケアンズ マクロミル攻略法 エアーズロック QUICPayクイックペイ カッパドキア トラべレックスでマイル シドニー Pontaポンタ パリ パムッカレ JAL株主優待 ウィーン オーストリア航空 北京 GetMoney!攻略法 Yahoo!ショッピングでJALマイレージ ANAダイナースカード スカイチーム mpackでマイル ソウル仁川 ANA株主優待 タヒチ旅行 アシアナ航空 へそクリック攻略 ロンドン モンサンミッシェル コペンハーゲン 中国国際航空 ネットマイル攻略法 マイル事後登録手続き へそクリック攻略法 ちょびリッチ攻略法 楽天市場でANAマイレージ ボイスポート攻略法 楽天カード Smartplus/VisaTouch スカンジナビア航空 MyPoint/マイポイント攻略法 ランス JALマイルフォン ANA生涯マイル ヴァージンアトランティック航空 ANA旅達 クレジットカード海外旅行保険 ECナビ攻略法 


track feed マイレージ・JAL JGC/ANA SFC修行
SEO対策:ANA:JAL:マイレージ:旅行:管理者ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。