マイレージ・JAL JGC/ANA SFC修行 TOP > スポンサー広告 > スポンサーサイト> マイレージアクセスランキング > ブログ500万アクセス達成

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ500万アクセス達成

2009年12月17日、当ブログ「マイレージ・JAL JGC/ANA SFC修行」は500万アクセスを記録。いつも訪問して頂いている皆様、ホント有難うございます。


■ブログ500万アクセス達成

当ブログ「マイレージ・JAL JGC/ANA SFC修行」は、開設からほぼ3年になりました。

200万アクセス達成以降、半年ごとに100万アクセスを頂いております。


当ブログを開設したのは、ANA SFC修行の後、JAL JGC修行の前でしたが、修行を終え早2年以上経ちます。


最近は旅行関係の記事も少なめですが、特典航空券でビジネスクラスを体験しました。


今後の当ブログの方向性は、特に考えていないのですが、旅行やマイルに関する小さな情報発信基地、コミュニティとして続けていけたらいいのかな、なんて考えています。


ブログを見て頂いている方、ブログにコメントを下さる方々、今後ともよろしくお願い申し上げます。


400万アクセス有難うございます 2009/6/16

祝!300万アクセス達成 2008/12/8

200万アクセス達成有難うございます 2008/6/9


タグ:ブログ500万アクセス達成

「マイレージ・JAL JGC/ANA SFC修行」内で同じタグの記事へ

FC2ブログ内で同じタグの記事へ



同一カテゴリー「マイレージアクセスランキング」内の関連記事


コメント:[ブログ500万アクセス達成
おめでとうございます

500万アクセス達成おめでとうございます。
ちょっと前に400万アクセスと見たような気がしますが、本当に早いペースですね。毎日見させていただいていますが、文章も読みやすいですし。
毎日続けるのも大変かと思いますが、これからも無理をなさらないで、続けていただければと思います。

素晴らしいですね

私も仕事に乗じて、JGCやSFCを目指す際に、くりゅぐさんのブログが非常に参考になりました。情報更新も早く、今でも参考にさせていただいております。私もブログをやっておりますが(アクセスは数十分の1ですが・・・)、毎日更新は精神的に結構きついとは思います。ぜひ無理せずに。

これからもすがります

 おめでとうございます。マイレージに関する情報源はこちらに尽きます。くだらない暴論にもマメにレスいただきいつもありがとうございます。ぎすぎすせず、建設的に議論が盛り上がるのは、人徳の賜物ですねえ。来年はANAの新CクラスやB787就航、羽田発国際線の多様化など、ネタも多そうです。ぜひご一緒にあれこれお話しできればと思っております。

亀タグものです

500万アクセスおめでとうございます
半年で100万アクセスとは、正直言って「すごか」の一語に尽きます。毎日、何が書いてあるか期待しながら読ませていただいております。
これからも陰ながら応援しております。

みなさん有難うございます

みなさん、温かいコメントありがとうございます。頂いた元気玉を励みに、ブログを続けていけたらな、と思います。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

>くみたんさん
毎日アクセス頂き、恐縮です。文章を読みやすいように少し気にしているので、くみたんさんにほめられてうれしいです。

>アスキングさん
SFCやJGCを獲得されたのは去年でしたよね、なんか懐かしいですね。飛行機を多く利用している方ならではのコメント、それに対象者限定キャンペーン情報、いつも楽しみにしています。

>いつかさん
いろいろな分野に精通されてらっしゃって、頂くコメントはいつも勉強になっています。いつかさんにブログ記事を寄稿して頂きたいくらいです(笑)。おっしゃるように、来年の日本の航空業界にはネタが多そうで、楽しみですね。

>kitakaさん
亀タグものです⇒笑いました。確かJGCで、500回搭乗からでしたよね。このブログは「亀タグ:緑」、今後、茶⇒赤⇒黒と頑張りますかね。

すごいですね

くりゅぐさん、ご無沙汰しております。500万アクセス達成おめでとうございます。すごいですね。
昨年、私ごときがSFC獲得できましたのもこのプログで勉強させていただいたおかげと感謝しております。
コメントなかなか送れず申し訳ないんですが毎日記事は読んでおります。これからもよろしくお願いします。

SFCライフ

栃木の住人さんがSFCを取得されたのは、去年ですよね。
いかがですか?その後のSFCライフ。
毎日読んで頂き有難うございます。これからも宜しくお願いします。

おめでとうございます

500万、もんのすごい数字ですね。おめでとうございます。最近コメントはしてないですがちょいちょい覗かさせてもらってます。

これからもいろんなお話、期待してます。

ありがとうございます

きゃ田中さん、有難うございます。
最近は飛行機によく搭乗してらっしゃるのでしょうか?
今後ともよろしくお願いします。

マイルストーン。

500万アクセス達成おめでとうございます。
毎日の更新はホントに大変だと思いますし、それを実行されているくりゅぐさんには本当に頭が下がります。

年末年始はシンガポールです。理由は今年プラチナ&スパフラ解脱できたのでまずはANAか星組を使うことから考えて、そうだA380という手があるなと。結局、往路はSQ、復路はNHにしました。
初SQ、初NH国際線です。またレビュー書かせてもらいますよ。

往路SQ復路NH

一つ星さん、有難うございます。
年末年始、今年はシンガポールですか、いいですねぇ。
行きと帰りが違うということは、特典航空券で、SQ637のA380ですかね。
レポート心待ちにしております。

自腹エコノミー。

残念ながら特典ではなく自腹エコノミーです。
往復ともSQでも良かったんですけど、比較対象(B767-300では比較にならないかもしれないが)が必要だろうというのと、NH国際線にも乗っておかないと、と思ったためでした。
ビジネスアップグレードも考えたのですが、SQはムリなようですし、夜間便だとあまり恩恵を受けられないので今回は見送りです。

コードシェア便

自腹ということは、SQ637、SQ5902(NH運航)ですかね。
A380、楽しみですね。

500万、おめでとうござりまする!
順調にこの調子で、日本の人口越えに期待しておりますぞ(笑)

有難うございます

新大和ルシエール僧さんには、いつもコメントを寄せて下さり、有難うございます。
日本の人口ですか・・・人口が急速に減らないとなかなか難しそうですね(笑)

Cクラスの価値低下 そして

 日航が団体ツアー向けCクラスのフライトマイル換算率を、125%から70%へ変更すると言い出しました。
ttp://www.jal.co.jp/cms/jalmile/ja/jmb_1102.html
 これに伴いフライオンポイントも同様になるようですね。

 一方、全日空は正規運賃とそれに準ずるYクラス客に片道CをUGで提供しますね。
ttps://www.ana.co.jp/amc/news/cpn_upgrade0912/index.html

 共通するのは、「空いているCクラスの消化」でしょう。日航は、ビジネス客に売れないCクラスを団体ツアー(お金持ちの団塊世代以上向け)に安く卸す。なので、そうそうマイルはつけられないよ、と。そういうツアーでは「Cクラスならマイルがぐんぐん貯まります!」なんてフレーズは使えなくなりますね。125%→70%って、団体ツアーのYだと50%のところ、Cクラスなので20%上積みで悟空並ってとこですかね。

 全日空は、余ったCクラスを、高額運賃のY客に提供する。それまでCクラスに乗っていた法人客が不景気でYに落ちたので、その救済というかつなぎとめというか、そういうことですね。こういう運賃の客をCに乗せるには、アップグレードポイントとかマイレージによるアップグレード、すなわち特典枠の利用促進という手もありますが、ポイントやマイレージをすでに使っちゃってる客、商用で貯めたくせに商用には使いたくない客(笑)、最近だと公務員等、仕事に使えない客もいるかな、そうしたお客さまにCに乗っていただこうということですね。それに、特典枠で利用促進を図ると、エコ割とか他社搭乗でマイレージを貯めている自腹組(私)が図々しく割り込んでくるし。やっぱ全日空ってCが余っていても特典枠を広げる気はないようで。

 私が前から書いている方向に、日航と全日空の客層の違い、それに対する両社の方針が向かっているように思います。すなわち日航は絶対潰せない「公共交通機関」らしく、Cクラスの消化もまだしも大衆向け。全日空のほうは、法人客が対象で、自腹組には無関係のキャンペーンです。

 それとも逆が言えるのですかね。つまり、日航は放っておいても法人客は乗ってくれるので優遇する必要がなく、ツアー客にはコストに見合ったマイレージを提供すれば事足りる。全日空は法人客が離れた(あるいは日航に比べもともと顧客が少ない)から、窮地の日航から客を奪うためにこんなことを。・・・全日空側はこういう背景と解釈する余地はあるかもしれませんが、日航がそこまで余裕があるとは考えにくいですが。

 ということではあるのですが、日航の発表はもうひとつ、意味不明な文章がくっついていますね。Yの一部について「対象予約クラスの変更を予定」って、リリースのお題は「マイル換算率の一部変更について」なのですから、Yの一部のマイル換算率を下げるってことでしょうねえ。アライアンス移籍の布石ないし、移籍しないとしても、「お荷物」のマイレージの価値をじわじわと下げるということでしょう。貯めている人には悪いけど、そりゃ価値下げなくちゃやってられないでしょうし。

 とはいえ、対岸の火事ではなく、日航がやれば全日空の追従も必至。全日空専門の私にも、日航は「炭鉱のカナリア」になってきたような。

炭鉱のカナリア

いつかさん、情報、コメント有難うございます。

>日航と全日空の客層の違い、それに対する両社の方針が向かっている
JALは、Cクラスをツアーに解放、ANAはCクラスを正規Yに無料解放、JALは新規顧客をお金持ちの団塊世代のツアーに求め、ANAは、ビジネス客をつなぎとめるための策でしょうか。

>Yの一部について「対象予約クラスの変更を予定」
包括運賃を50%から25%に下げる、とかですかね。いずれにせよ、フライトマイルを稼ぎにくくなる方向でしょう。もしくは、正規Yは125%にUpするとか。

>日航は「炭鉱のカナリア」になってきたような
うんうん、ANAへの影響は大きいでしょうからね。

客を選ばず

>>JALは、Cクラスをツアーに解放、ANAはCクラスを正規Yに無料解放、JALは新規顧客をお金持ちの団塊世代のツアーに求め、ANAは、ビジネス客をつなぎとめるための策でしょうか。

 一言でいえば「客を選ばぬ日航、選ぶ全日空」ということじゃないでしょうか。日航のツアー向けCクラスの積算率変更は時限ではないので、当面続きます。積算率を下げつつ卸値は下げないというアコギなことは考えにくく、卸値は下げ、その分、たくさん売ろうということでしょう。

 日航の客層のほうが保守的なイメージなのですが、どうでしょうね。
「全日空で海外? 新興の会社には乗らないざます」
みたいな(笑)。そういう保守的な客層のCクラスに、安値で買った団塊の物見遊山ツアー客がどやどやと入ってくるわけです。あー想像するだにぞくぞくします(面白そうなので)。

 一方、全日空はY客のアップグレードとはいえ、時限措置ですし、Yでも正規運賃レベルですから、恩恵を受けるのは法人客中心と考えていいと思います。すなわち、Cの雰囲気を壊さない。全日空は、来年の新シート導入でも、いちおう高額の投資によって高額な運賃の集客を図る、という姿勢に見えるので、不景気の動向によって今後変わるかもしれませんが、とりあえずは客を選ぶ方向のセールスじゃないですかね。

>>包括運賃を50%から25%に下げる、とかですかね。いずれにせよ、フライトマイルを稼ぎにくくなる方向でしょう。もしくは、正規Yは125%にUpするとか。

 積算率を下げるのは「目に見えるサービス改悪」なので、それよりは「こっそり特典向けの座席数を減らす」のほうが波風立たないと思うのですが、どうせ空席になるくらいなら特典向けの座席数は減らさず、積算率を下げて価値を高めるんですかねえ。 「包括運賃を50%から25%に下げる」ってムゴいです(笑)。25%という積算率は前例がないというか、「積算させたくない」というのが露骨すぎてどうでしょうか。悟空の積算率を下げるほうがまだしも現実的かも。「正規Yは125%にUpする」というのは、それだと、そもそも100%とは何ぞや、というのが分からなくなってしまいます(笑)。タテマエとしては「正規Yが100%」を基準に、他の運賃の率を決めているはずなので。

Cの雰囲気

>保守的な客層のCクラスに、安値で買った団塊の物見遊山ツアー客がどやどやと
なるほど、確かに雰囲気が崩れそうですね。いつかさんのおっしゃるように、ANAは法人客向けなので、大丈夫そうですね。

>「こっそり特典向けの座席数を減らす」
このために、空席は残る、特典航空券に交換できないマイルが電子マネーなどに流出する、マイレージプログラムが不評、となっては、長期的にいいことがないような。

>「包括運賃を50%から25%に下げる」ってムゴいです(笑)。
確かに25%は目立ちます。
私も知った時には衝撃を受けたのですが、国内線の、個人ではない包括旅行割引運賃は、ANAやJALでも積算対象外だったりします。25%という数字で明らかな改悪がみえるのを嫌うとすれば、個人包括運賃を50%から0%にするかも。

>タテマエとしては「正規Yが100%」を基準に、他の運賃の率を決めているはずなので
そうですよね、正規Yが100%ですから、そこを変えてはいけませんかね(笑)

法人客と個人客 高額運賃客と上級会員

>なるほど、確かに雰囲気が崩れそうですね。いつかさんのおっしゃるように、ANAは法人客向けなので、大丈夫そうですね。

 今回の「Cクラス席の穴埋め」の大きな違いは、日航のほうは雰囲気を崩しそうな客(失礼な言い方)に開放しているうえ、期限がないということです。全日空のほうはもともと問題なさそうな客に開放しているし、3月まで、という言い訳が常連客にできます。

 好景気のときの法人客と不景気のときの個人客が航空需要の両輪、と私は書いてきましたし、Yはそういうことなんですけど、今回、日航はCでこれに踏み切ったようです。当面不景気なのでやむをえないし、なりふり構ってられないと思いますが、常連客が離れるというデメリットは当然あるのではと思います。

 もう一点、今回の両社の措置は、高額の運賃を払ってくれる人(団体とはいえCの運賃、Yとはいえ正規運賃レベル)への優遇です。でも、顧客獲得のうえでは、高額運賃客と上級会員への優遇が両輪と思います。上級会員にも何かケアしないと
「これまでの貢献は無視して、一見さんばかり優遇かよ」
ということになります。ただ、上級会員だというだけで低額運賃でもUGというのは、対象者が多いので公式にうたうのは非現実的です。そもそも全日空の「Y正規運賃ならCにUG」っていうこと自体、そんなにCに空席あるのか、って印象与えますし。実際には、非公式に、上級会員に対し、混雑時のアップグレードを緩和提供している、と希望的に観測します。平たく言うと、米系に運用が近づいているということですね。年明けの搭乗でどんな感じか、もちろん、こちらで報告しますね。

>>「こっそり特典向けの座席数を減らす」
このために、空席は残る、特典航空券に交換できないマイルが電子マネーなどに流出する、マイレージプログラムが不評、となっては、長期的にいいことがないような。

 でも、全日空は空席が多くてもあんまり特典に座席出してないらしいとネットで言われていますよね。くりゅぐさんも私も、ビジネスとかいろいろ乗せてもらってますけど、どうなんでしょうね。

>>国内線の、個人ではない包括旅行割引運賃は、ANAやJALでも積算対象外だったりします。25%という数字で明らかな改悪がみえるのを嫌うとすれば、個人包括運賃を50%から0%にするかも。

 それだと、あんまり影響が大きくなくていいかもしれません。マイルを意識的に貯めている人はあんまりその運賃は使っていないんじゃないでしょうか。かといって悟空の積算率を下げると決定的な影響が出るし、続報に要注目ですね。

特典航空券の空席

>好景気のときの法人客と不景気のときの個人客が航空需要の両輪
個人にCを開放したばかりに、常連が離れるというデメリットはあるでしょうね。

>年明けの搭乗でどんな感じか、もちろん、こちらで報告しますね
どんな混み具合いか、アップグレードがあるのかなど、よろしくお願いします。

>全日空は空席が多くてもあんまり特典に座席出してないらしい
JALと比べると、路線が少ないのもあり、あまり空いていない印象を持っていますが、そこまででもないような。(一般会員と上級会員で、特典航空券の空席が違うので、感じ方が違うかも。)
直前に予約が入ると割引率の低い運賃になって航空会社にとっておいしいので、それを狙っているのでしょうね。

>悟空の積算率を下げると決定的な影響が出るし
そうですよね、悟空は下げにくいでしょうね。ただ、JALの場合は、「JALカードツアープレミアム」でマイルの補てんがあるので、そことの兼ね合いも注目です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:[ブログ500万アクセス達成
トラックバックURL:
http://krugcollection.blog86.fc2.com/tb.php/1530-8e3d5e43


タグ: JAL上級会員 空港ラウンジ JMBサファイア ANAカード ビジネスクラス スターアライアンス ANA上級会員 陸マイラー ANAプラチナ ANA陸マイラー ワンワールド SFCカード サーチャージ ダイアモンド ワールドパークス ノースウェスト航空 スイカsuica 機内食 特典航空券 JAL陸マイラー ANAJCBカード 成田空港 JAL修行 JGC修行 JGCカード ダイナースクラブ 南アフリカ ユナイテッド航空 格安航空会社LCC ANA修行 アップグレード SFC修行 ANAVISAカード ファーストクラス Gポイント攻略法 マイレージプラス 特典カレンダーと手帳ダイアリー 世界遺産の旅 電子マネーWAON ボーイング787 Edyチャージ改悪 トルコ ANAAMEX コードシェア JGCプレミア PEX攻略法 デルタ航空 パスモpasmo ANAマイレージ改悪変更 スカイマーク ケープタウン イスタンブール ANAプレミアムクラス スカイマイル JALカード 優先搭乗 ANAストライキ CMサイト攻略法 羽田空港 チェックインカウンター ライフカード キャセイパシフィック カンタス航空 ブリティッシュエアウェイズ JALマイレージ改悪変更 ヨハネスブルグ オーストラリア エアバスA380 JAL国内線ファーストクラス ANAプレミアムパス 香港 ルフトハンザドイツ航空 CMサイトでマイル JALストライキ 新型インフルエンザ トルコ航空 スルガ銀行ANA支店 ジェフグルメカード フランクフルト AZUREアズール 公共料金クレジットカード支払い ケアンズ マクロミル攻略法 エアーズロック QUICPayクイックペイ カッパドキア トラべレックスでマイル シドニー Pontaポンタ パリ パムッカレ JAL株主優待 ウィーン オーストリア航空 北京 GetMoney!攻略法 Yahoo!ショッピングでJALマイレージ ANAダイナースカード スカイチーム mpackでマイル ソウル仁川 ANA株主優待 タヒチ旅行 アシアナ航空 へそクリック攻略 ロンドン モンサンミッシェル コペンハーゲン 中国国際航空 ネットマイル攻略法 マイル事後登録手続き へそクリック攻略法 ちょびリッチ攻略法 楽天市場でANAマイレージ ボイスポート攻略法 楽天カード Smartplus/VisaTouch スカンジナビア航空 MyPoint/マイポイント攻略法 ランス JALマイルフォン ANA生涯マイル ヴァージンアトランティック航空 ANA旅達 クレジットカード海外旅行保険 ECナビ攻略法 


track feed マイレージ・JAL JGC/ANA SFC修行
SEO対策:ANA:JAL:マイレージ:旅行:管理者ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。