マイレージ・JAL JGC/ANA SFC修行 TOP > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 航空ニュース情報 > カンタス航空ファーストクラスを大部分廃止

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンタス航空ファーストクラスを大部分廃止

カンタス航空は、ファーストクラスを大部分廃止し、ビジネスクラスとエコノミークラスにするようです。ファーストクラス廃止縮小の動きは、今後広がっていくのでしょうか。


■カンタス航空ファーストクラスを大部分廃止

カンタス、大部分のファーストクラス廃止(読売新聞)

豪カンタス航空は一部の長距離路線を除いてファーストクラスを廃止する。

2013年までに4億豪ドル(約320億円)をかけて29の機体を改装し、ビジネスクラスやエコノミークラスの座席を拡充する。

08年秋の金融危機以降、出張旅費を削減する企業が増えているためで、他社が追随する可能性もある。

カンタスでファーストクラスが残るのは、シドニー―シンガポール―ロンドン路線などを運航するA380型機だけとなる。

国際航空運送協会(IATA)によると、昨年12月の国際線旅客数は、旅行需要の回復を背景にエコノミーが前年同月比で5%増えたが、ファーストとビジネスは合わせて1・7%増にとどまった。


ファーストクラスの利用を控える企業が多くなった、ということが影響しているようです。

さすがに、購入したばかりのA380の豪華なファーストクラスを変更することはしないようですね。


ビジネスクラスとファーストクラスの価格差は非常に大きいですから、長くて半日くらいのフライトにファーストクラスを再び、という会社の雰囲気にならないのでしょう。


マイラーからすると、ファーストクラスにマイルで搭乗するのは、ひとつの「目標」である方もいるので(私もそうです)、ファーストクラスそのものがなくなってしまうのは、ちょっと残念だったり。


タグ:カンタス航空ファーストクラスを大部分廃止

「マイレージ・JAL JGC/ANA SFC修行」内で同じタグの記事へ

FC2ブログ内で同じタグの記事へ



同一カテゴリー「航空ニュース情報」内の関連記事


コメント:[カンタス航空ファーストクラスを大部分廃止
ますます二極化?

 ファーストに乗るような知り合いがいなくてピンとこないのですが、ファーストは、もともと費用対効果を考える必要のない客でほとんど埋まっているのかと思っていました。だから不景気でも影響を受けないのではないかと。でも、実際には、不景気が無関係という人はごく少数に過ぎないのですね。貧富の差の拡大で、ファーストに無頓着に乗れるほど冨の集中している層が絞られているんですかね。

 あと、カンタス航空は地理的な条件からハブになりにくく、あくまで世界各国とオーストラリアを結ぶだけの航空会社です。オーストラリアもけっこう不景気で、オーストラリア在住あるいはオーストラリアに用がある人でどれほどファーストに乗れる客層がいるか、という問題なのでしょうね。

 航空会社にとって現実的な競争、つまり実際に客の奪い合っているのは、ビジネスクラスでしょう。そのため、ビジネスでも相当なサービスを提供するようになり、思いつくところではヴァージン、エアカナダ、コンチネンタルなどがビジネスファースト的な命名で、ビジネスの料金でファースト(みたいな席)に乗れるとアピールしています。これらはファーストを廃止したか、最初から設定していません。

 ビジネスでも、フラットベッドが当たり前になりつつあります。では、ファーストがビジネスと何が違うかというと、今後はほぼ完全な個室、というあたりですかね。全日空のジグザグ配列の新ビジネスも、真上から見下ろす画像では、なんとなく個室っぽく見えますが、横から見ると仕切りはそこまで高くなさそうです。安全管理上、個室設定はかなり手間ひまかかるのでしょう。また、個室ファーストはA380のような空間に設えるのが現実的でしょうし、A380にファーストを装備しないくらいなら、そもそもA380導入が間違ってる(CYだけで年間一定以上集客するつもりならA380にする必要がそもそもない)のではないでしょうか。とかなんとか書きながらカンタスのA380ファーストを見たら、現状の全日空ファーストとあんまり変わらないような気がしました(笑)。

ビジネスファースト

ファーストに気にせず搭乗できる方は、企業の利用が減って、個人の富裕層に限られてきた、ということでしょうかね。
おっしゃるように、競争が激しいビジネスクラスでは、フルフラットで、しかも個室っぽくなってきていますよね。
All Aboutの記事をみましたが、カンタスのファーストは完全な個室、とはなっておらず、これぞファースト、という感じが物足らないような。
ttp://allabout.co.jp/travel/airplane/closeup/CU20081227A/

Fでも個人VS法人

>>ファーストに気にせず搭乗できる方は、企業の利用が減って、個人の富裕層に限られてきた、ということでしょうかね。

 そういうことなのでしょうね。それでは、とても設定を維持できるほどの客がないから原則廃止ということなのでしょう。もともと、おおざっぱに、好景気の法人(CクラスおよびYでも高利幅運賃利用)と不景気の個人(低利幅Y運賃だが需要安定)で航空会社の経営が成立しているというのが私の持論でしたが、Fでも言えるのかもしれません。

 今までFに乗っていた社長が不景気の折、Cに乗る。となれば、他の役員だってFに乗るわけにはいきません。今までCだった部長あるいはヒラはYに乗るしかなかったりするでしょうね。

 財政逼迫の折、公共団体幹部のFC利用にも有権者というか納税者というか国民というか、そういう目が光っているのは日本だけなのでしょうか。世知辛いご時勢ですから、海外でもそういう趨勢だとすると、公共団体、民間団体問わず、いわゆる法人が支出するF需要は当面、とても見込めないということがありそうですね。

法人のF需要

公務員のF利用に対する国民の意識は、日本が遅かったくらいなのではないかと思います。一方、年俸制度でボーナス何億も出す、アメリカの銀行や証券会社ならば、Fを利用しそうな気も。
世界的な景気がイマイチなうちは、全般的に法人のF需要は見込めないでしょうね。
いまが、マイルでFを利用するチャンスでしょうかね。

昔と比べたら

20年前のFと比べたら、シートもサービスも今のCのほうが断然うえですよ。

CがF化してますからね。
今のFは個室化されていてスーパーファーストクラスみたいになってますね。

運賃が下落して、エコノミーでさえも大昔は今の割引C運賃並みに高かったし、Cなんて運賃F並みだったと思いますよ。

会社の経費での高級ホテルで飲み食いしたり、航空機利用でアッパークラスに乗る社用族は、株主民主主義の浸透で今後は淘汰されていくと思います。日本発着でもF需要は減ると思いますがね。

しかし・・日系の会社はどうしてFの割引運賃ないんだろう

CのF化

20年前のFクラスですか、ちょっと想像がつきません。
今のCよりもサービスが上だとすると、Fはさほどでもなかったのですね。航空運賃の下落もありますよね。
おっしゃるように、日系のFクラスに割引料金はありませんよね。

F利用の言い訳

 もちろん私には、お金に糸目をつけずにFに乗れる人の心境は想像の域を出ませんが、Fの本質的な需要というのは、

「ふだん、食べたいように食べているので、空の上で食べ物は要らない。もちろん食べたいときには、食べたいものが食べたい。有名人で一般大衆に顔を知られている、あるいは政財界の実力者であって一定レベル以上の人は自分が同乗していると知ると挨拶をしたがるが、わずらわしいので相手したくない。金は出すから、移動中といえども、とにかく最大限のプライバシーを確保したい」

というものではないかと想像します。必要なときには何でもやってもらえる前提で何もせずに放っておいてもらえて快適な空間を味わえる、それが最上級すなわちFなんじゃないでしょうか。最高級リゾートもそんな感じみたいです。ですから、どうせ設定するなら個室化が必須でしょう。ただ、そんなFを今後とも利用する人は限られています。Fのほうが明らかにCより儲かるものの、あくまでも売れれば、の話ですから、その需要を見込めるお国柄、営業力がある航空会社でないと設定を維持できません。F廃止の趨勢においてFを維持している航空会社がどこなのか、という考察は興味深いです。中東とか日本、英国、シンガポール(シンガポールにも需要が少しあるし、徹底的にハブ志向なので他国の優良顧客を見込む)、香港(シンガポールと一緒)あたりですかね。アメリカは貧富の差が激しすぎ、かつプライベートジェットが普及していて、潰れかけた自動車会社の首脳が公聴会にそれに乗ってきて怒られたりしているくらいなので、航空会社でFに乗る人は、もうちょっと下のレベルなのかもしれません。

 いくらCがFに近づいたとしても、「それならF設定があってもCで充分だな」と考える人は、たしかにCに行っちゃうでしょうが、そんな損得計算をするレベルの人が、あれほどの価格差があるのに、なぜ今までFに乗っていたのか、というと、要するに、その金は個人の財布からではなく、公金(民間企業含め)から出ていたせいでしょう。「そんなにCが充実しているなら、FがあってもCで充分」という考えは、本人ではなく、正確には、有権者とか株主とか会社の総務部とか、そういう本人以外の周辺が持つようになったってことじゃないですかね(もちろん、Cの進化よりも、経費削減の観点のほうがさらに大きいでしょうし)。本人が「いくらCがFに近づいたとはいえ、CはしょせんC。俺はFに乗るのがふさわしい」と思っていても、まあ自腹であれば勝手に乗ればいいのですが、公金であればそうもいかないということじゃないでしょうか。Cが進化し、経費節減の圧力も高まって、とてもFに乗る言い訳が通用しなくなったということかと。

 全日空に全席Cのインド便がありますが、
「そんなのに乗ったら、機内で後ろの座席に対して優越感を味わえないじゃん」
なんて思う人間は、そもそもYに乗っとけって話です(笑)。

最上のサービス

>必要なときには何でもやってもらえる前提で何もせずに放っておいてもらえて快適な空間を味わえる
Fを利用する人は、わざわざ高いお金を払って、機内サービスを堪能したいのではないでしょう。機内にいる間、やりたいようにやるから、構わないでくれ、と。最上級シャンパンを山ほど飲みたい、なんて思わないのでしょうね(笑)。

>Fを維持している航空会社がどこなのか、という考察は興味深い
維持している=需要がありそうと航空会社が見込んでる、ということですよね。公的なお金でFを使用していたとすると、Cのサービスが良くなれば、当然利用者は減るでしょうね。

>そんなのに乗ったら、機内で後ろの座席に対して優越感を味わえないじゃん
そんな優越感を味わうためにCを利用するのですか(笑)
たしかに優越感はありましたが、自腹ではなかなか。
全席Cのインド便の搭乗率は、どのくらいなのでしょうかね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:[カンタス航空ファーストクラスを大部分廃止
トラックバックURL:
http://krugcollection.blog86.fc2.com/tb.php/1593-8f6f46e5


タグ: JAL上級会員 空港ラウンジ JMBサファイア ANAカード ビジネスクラス スターアライアンス ANA上級会員 陸マイラー ANAプラチナ ANA陸マイラー ワンワールド SFCカード サーチャージ ダイアモンド ワールドパークス ノースウェスト航空 スイカsuica 機内食 特典航空券 JAL陸マイラー ANAJCBカード 成田空港 JAL修行 JGC修行 JGCカード ダイナースクラブ 南アフリカ ユナイテッド航空 格安航空会社LCC ANA修行 アップグレード SFC修行 ANAVISAカード ファーストクラス Gポイント攻略法 マイレージプラス 特典カレンダーと手帳ダイアリー 世界遺産の旅 電子マネーWAON ボーイング787 Edyチャージ改悪 トルコ ANAAMEX コードシェア JGCプレミア PEX攻略法 デルタ航空 パスモpasmo ANAマイレージ改悪変更 スカイマーク ケープタウン イスタンブール ANAプレミアムクラス スカイマイル JALカード 優先搭乗 ANAストライキ CMサイト攻略法 羽田空港 チェックインカウンター ライフカード キャセイパシフィック カンタス航空 ブリティッシュエアウェイズ JALマイレージ改悪変更 ヨハネスブルグ オーストラリア エアバスA380 JAL国内線ファーストクラス ANAプレミアムパス 香港 ルフトハンザドイツ航空 CMサイトでマイル JALストライキ 新型インフルエンザ トルコ航空 スルガ銀行ANA支店 ジェフグルメカード フランクフルト AZUREアズール 公共料金クレジットカード支払い ケアンズ マクロミル攻略法 エアーズロック QUICPayクイックペイ カッパドキア トラべレックスでマイル シドニー Pontaポンタ パリ パムッカレ JAL株主優待 ウィーン オーストリア航空 北京 GetMoney!攻略法 Yahoo!ショッピングでJALマイレージ ANAダイナースカード スカイチーム mpackでマイル ソウル仁川 ANA株主優待 タヒチ旅行 アシアナ航空 へそクリック攻略 ロンドン モンサンミッシェル コペンハーゲン 中国国際航空 ネットマイル攻略法 マイル事後登録手続き へそクリック攻略法 ちょびリッチ攻略法 楽天市場でANAマイレージ ボイスポート攻略法 楽天カード Smartplus/VisaTouch スカンジナビア航空 MyPoint/マイポイント攻略法 ランス JALマイルフォン ANA生涯マイル ヴァージンアトランティック航空 ANA旅達 クレジットカード海外旅行保険 ECナビ攻略法 


track feed マイレージ・JAL JGC/ANA SFC修行
SEO対策:ANA:JAL:マイレージ:旅行:管理者ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。