マイレージ・JAL JGC/ANA SFC修行 TOP > スポンサー広告 > スポンサーサイト> ANAマイレージクラブAMC > 2010年ANAプレミアムポイントボーナスキャンペーン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年ANAプレミアムポイントボーナスキャンペーン

2010年度ANAプレミアムメンバー限定で、プレミアムポイントが+10%となる「2010年プレミアムポイントボーナスキャンペーン」がはじまります。JALのFly Onポイントボーナスとは異なります。


■2010年ANAプレミアムポイントボーナスキャンペーン

2010年ANAプレミアムポイントボーナスキャンペーン


■2010年ANAプレミアムポイントボーナスキャンペーン

キャンペーン内容期間中、参加登録のうえ、対象路線に対象運賃にて搭乗し、ANAマイレージクラブにマイルを積算すると、+10%のプレミアムポイントをプレゼント。


  • キャンペーン期間:2010年4月1日~9月30日(搭乗分)まで
  • 参加登録期間:2010年4月1日~9月30日(日本時間)まで
  • ※対象のお客様以外は参加登録いただけませんのでご了承ください。
  • 対象者:搭乗時に2010年度ANA「ダイヤモンドサービス」「プラチナサービス」「ブロンズサービス」メンバー、ANA「スーパーフライヤーズカード」会員
  • 対象路線:ANA国内線、国際線全路線
    ※ANAグループ運航便に搭乗された場合が対象
    ※国内線でIBEXエアラインズ、スカイネットアジア航空、AIR DO、スターフライヤー、オリエンタルエアブリッジとのコードシェア便をご利用の際は、ANA便名にて予約、搭乗した場合に本キャンペーンの対象
  • ※国際線は、他社が運航するコードシェア便は対象外
  • 対象運賃:マイル積算対象の全運賃

JALの「JALカード会員限定FLY ON ポイントボーナスキャンペーン」に似ていますが、違いは以下の点。

  • JALは、最大+20%のFOPボーナス
  • JALカード会員限定

JALが幅広く搭乗者を集めようとしているのに対し、ANAはお得意様がJALに流れないように囲い込みでしょうか。

参加登録は4月以降なので、対象者の方はお忘れなく。


JALマイレージプロジェクト2010ボーナスマイルFOPほか


タグ:2010年ANAプレミアムポイントボーナスキャンペーン

「マイレージ・JAL JGC/ANA SFC修行」内で同じタグの記事へ

FC2ブログ内で同じタグの記事へ



同一カテゴリー「ANAマイレージクラブAMC」内の関連記事


コメント:[2010年ANAプレミアムポイントボーナスキャンペーン
こんなにも苦境かと

 ボーナスマイルは前例が多いですが、ボーナスPP付与に踏み込む、しかもマイルとPPで同時期に付与、とはなりふり構っていない感じもします。PPはマイルだけでは分からない得意客の選別に使う数値で、その付与は聖域だったのに、今回、価値を大きく下げたことになるのではないでしょうか。

 今回のボーナスPPは、対象が「上級会員」「国内線、国際線のマイル積算対象の全運賃」ですね。もともと聖域だったと思うので、ボーナスといっても、しぶしぶというのか、おそるおそるというのか、プラス10%という微妙な値です。ボーナスマイルのほうは国際線限定ですが、大盤振る舞いですね。国際線のほうが需要減が深刻なのでしょう。くりゅぐさんはボーナスPPについて、JALへの流出を避けるためか、と書かれましたが、上級会員が今のJALに、多少サービスしてくれるくらいで移るでしょうか。移るとしても、JALの経営が安定する来年以後ではないですかね。

 従来、ANAのこうしたボーナス企画は、正規Yなど利幅の高い運賃向けでした。最近では片道をCにアップグレードまでやりました。でも、それを利用した客が少なかったのではないでしょうか。法人客であっても、もっと利幅の低い運賃を利用している。個人客はもとからエコ割等を利用しているわけですが、私が再三書いているように、個人客は不景気でも利用してくれます。私らのような人間は「乗る以外に目的地に用がないのに乗る」という、航空会社にとっては最高の客です(笑)。でも、不景気のせいで、SFCを持っている人、昨年、多頻度に乗って今年上級会員になった人が乗ってくれないか、乗っても利幅の低い運賃で乗るようになった。昨今の法人需要、個人客の囲い込みの強化を考えたときに、ようやく上級会員かつ全運賃対象のボーナス企画に踏み切るしかなくなったのではないでしょうか。JAL対策というだけではなく、需要が大幅に減っていることへの深刻な危機感があるのではないかという気がします。

 もともと、私は利幅の高い運賃の客を優遇したところで、そういう客は、エンドース含めて柔軟に使えるからそういう運賃のチケットを買っているのであって、要するにロイヤルティが低いと思います。むしろ上級会員に恩恵を与えないでどうする、とずっと考えてきました。ここで書いたこともあると思います。でも、昨今の企業における成果主義すなわち「今さえ利益を上げれば担当者は評価される(=長期的な利益を念頭においたキャンペーンは二の次)」という傾向からすると、やっぱり利幅の高い運賃でどれだけ売ったか、を追求することになります。ここ数日のANAの動きは、担当者が変わったか、経営のかなり根本的な方針が変わったという、かなり画期的なことではあります。

 でも、従来のルールでPPを貯めていた人間からすると、上級会員が水ぶくれするのは勘弁して欲しい、という上から目線での感想もあるといえばあります(笑)。ボーナスマイルも、かなり極端にもらえるようですが、それに応じて特典枠の座席数を増やさないのであれば、特典航空券が画餅となってネットでも不評が激しく高まるのは避けられないでしょうね。

 まあ、不景気ゆえの迷走ってことでしょう。景気がよくなれば、DIAの上に会員制度を設けて、真の上級会員の選別を迫られることになるんじゃないかと思います。

上級会員へのキャンペーン

いつかさん、おはようございます。
>上級会員が今のJALに、多少サービスしてくれるくらいで移るでしょうか
いまのJALの情勢を考えれば、ANAではなく他社に搭乗することはあっても、JALに乗りたい、という気持ちにはならない方が多いと思います。
ただ、多頻度利用客の中には、JALが+20%というボーナスFOPを発表したことで、1年間だけJALに浮気してサファイアを取っちゃうかな、と思う方もいるかもしれません。そこで、ANAは上級会員限定で+10%という微妙な数字かと。
全体的に国際線需要が冷え込んでいるのは、根底にある大きな問題だと思います。

>担当者が変わったか、経営のかなり根本的な方針が変わったという、かなり画期的なことではあります
そうですね、あまりこの手の上級会員限定キャンペーンは、大きく打ち出していなかったような。

>上級会員が水ぶくれするのは勘弁して欲しい、という上から目線での感想
一般に開放したJALに比べれば、ANAは上級会員限定ですから、いつもプラチナの方が、今年はダイアモンドに届いた、というくらいじゃないでしょうか?それは困ると(笑)。
マイルをばらまくのもいいですが、特典航空券がとりにくくなると、困りますね。
真の上級会員ですか、ユナイテッドのように1Kとか作るんですかね。

ステータスインフレ

 せっかく倍倍マイルとかボーナスPPとかで盛り上がってるところ、一人で毒づくわけですが(笑)、日航は、売上を伸ばすうえで、安売りしようとしたところ、全日空からクレームの入った国交省に釘を刺され、それができなくなってしまいました。となると、次の手は横文字で言うとインセンティブってんですか、要するにオマケ商法に走るしかないわけですね。それも、相当な利率を提示しないと魅力を感じてもらえないわけで、格付の低い国の国債のごとく、まあハイリターンハイリスクの状態に見えてしまいます。

 全日空がそれに対抗しなくてはならないか、私はその点、くりゅぐさんより懐疑的ではあるのですが、しかしながら全日空の施策は、日航への顧客流出防止以上のかなり強烈な内容だと思います。従って、日航への顧客流出防止にも役立つという意味も十分に含まれるだろうと思います。

 たとえば、従来の全日空なら、高利幅運賃についてだけ、ボーナスPPを付与するという手もあったかもしれません。エコ割超割だけでDIAになるような、このブログの読者(すいません。私もその一人なので勘弁してくださいまし)は、一説には全日空に歓迎されてない(上得意であるDIAの対象に想定したくない)らしかったので、そういうDIAの人は日航に行きたいならとっとと行けば? という居丈高な態度を全日空をとっていたかもしれないわけです。が、せっぱつまった全日空もとてもそんな態度は取れないし、乗りたくなくても無理やり乗って欲しい、というくらいのギリギリの本音が、マイルとPPを同時かつ全運賃に適用、という方法に現れているように思います。 

 国際線は、さすがに海外なので、法人で商談の必要があっても、テレビ会議での代替などを先方にも理解が得られるかもしれません。そのために需要が激減していて、ボーナスマイルでテコ入れする必要が国内線よりさらに強い。国内の商談では、「え、来てくれないの?」と先方に言われたら行かないとマズイですよね。

 私自身でいうと、春と秋の行楽シーズン、夏休みに運賃が高くなることを考えると、概して1~3月のほうが運賃が安いものですから、すでにけっこう乗っちゃっています。まだ3月なのにこんな言い方もナンですが、今更ボーナスPPにボーナスマイルかよ、というのが本音だったりします。たぶん、例年なら他にもそういう方がたくさんいたと思うのですが、それが今年は減ったのかもしれません。それで上級会員限定とはいえマイルとPPで同時に大盤振る舞いになったのかな、というふうにも思います。

 さて。日航ではJGCをサファイアに格上げということですか、素直に喜んでる方もおられると思うのですが、やっぱりステータスといいマイルといい、ゲタを履かせると、相対的に価値が下がります。全日空でも従来よりPLT、DIAの人数が増え、ラウンジのサービス低下、アップグレードや特典航空券取得が困難になる、といった結果に当然結びつくでしょうね。

 ほんとに書き方がよろしくなくてすみませんが、まあ、ぶっちゃけステータスが大衆化するってことですね。

 日航はよく知りませんが、全日空は、前にも書きましたとおり、成田Fラウンジを改修しました。Fの客が限られているなか、この投資は、むしろDIAの客を念頭にしたものではないかと思います。 さらにDIA会員に、シンガポールでSQのシルバークリスFラウンジを使えるようにしましたが、これなど、Cクラスの客はビジネスラウンジなのにYクラスはDIAならFラウンジが使えてしまいます。成田と同じといえば同じですけど、でもやっぱり逆転してるような気もします。全日空がCクラスの一見さんよりDIA会員の待遇アップに力点を置くようになったことの好例ですし、逆にいうとSQもまた、誇るべきFラウンジにたぶんリーズナブルな費用負担で全日空のDIA会員を受け入れた、つまりFラウンジを大衆化させたということとも思います。

 ということで、動きが大きいので、文章も長くなってしまって失礼しました。

素直に喜んでる方

それは私です(笑)
ボーナスマイルといい、FOPといい、JALのオマケ商法きわまる、という感じでしょうか。そしてそれを、決算赤字になったANAは静観できない状況にあるのではないでしょうか。

>エコ割超割だけでDIAになるような、このブログの読者
いったい、どのくらいいるのでしょうかね?(笑)

>一説には全日空に歓迎されてない
DIAになるためには、それだけ搭乗しているわけですし、また、DIAを活かすためには搭乗しなくてはなりませんし。そのため、DIA会員を差別化する戦略は的を得ていると思います。
しかし、そのDIA会員が、ANAが想定していない乗り方をすることもあるのかと(笑)。

>ゲタを履かせると、相対的に価値が下がります
そうですね、ステータスにしろ、マイルにしろ、利用できるサービスの枠が決まっていますから、価値が下がる可能性がありますよね。ただ、スターアライアンス、ワンワールドというアライアンスの中でみれば、SFCやJGCのような半永久上級会員は、まだまだ特殊な存在だと思います。日本の中だけで異常事態になっているような。
結果的に、ステータスが大衆化してしまったら、気が付けば、航空会社がLCCになっていたりして。

低コスト低サービス化へ

>>DIAになるためには、それだけ搭乗しているわけですし、また、DIAを活かすためには搭乗しなくてはなりませんし。そのため、DIA会員を差別化する戦略は的を得ていると思います。
しかし、そのDIA会員が、ANAが想定していない乗り方をすることもあるのかと(笑)。

 DIA会員差別化戦略は私も希望するところですし、Fラウンジ開放などそれなりのことはありますが、DIA会員は大抵FC客(と全日空は思いたかった)なので、FCを根拠に優遇すれば事足りるし、そのほうがFCの一見さん含めて優遇でき、「高い運賃で乗ってくださり、儲けさせていただきありがとうございます」というウィンウィン関係に直結できていたわけですよね。逆にDIAを優遇すると、FC客でも一見さんがこぼれるから、たとえばシンガポールでDIAのY客がSQのラウンジの右側(F用)に案内されるところを見つつ、左側(C用)に案内されたC客が不愉快(笑)になったりします。

 全日空では国内線搭乗でDIAになる人もたくさんいると思いますが、国際線に比べ運賃が割高で、せめてもの措置としてPPを倍で付与しています。やはり、国際線利用のほうが特典券、ラウンジサービス、マイル、ポイントによるアップグレード、いずれもリターンが高いですね。国内線にひっきりなしに乗る人は仕事や介護等、たくさんいますが、国際線はふつうそういう乗り方はしないので、FC中心の搭乗でないとDIAになれるほどPPが貯まらないはず(そうなるようにDIAを設定したつもり)と全日空は思っていたのに、エコ割だけでDIAになっちゃうという、くりゅぐさんの書かれた「ANAが想定していない乗り方をする」人が出てきちゃってるわけですよね。だって人間だもの(笑)。DIAゆえに国際線でCAからご挨拶をいただきますが、CAも挨拶される私も、Yでそれをやるのは、想定外ですよねえ、という認識を内心で共有しつつ儀式を執り行っている気がいたします。

 極端な話、バブルのころは、Fから客席が埋まると言われ、成金バブル紳士が姉ちゃんを連れてFでふんぞり返っていました(たぶん)。そのころ、Yの客は「カーゴと一緒よ」などと航空会社では思われていました(これも、たぶん)。そういう時代は、FC客だけ優遇していれば済みました。でも、不景気が続いて、ようやく航空会社は、この不景気にたくさん乗ってくださる客はYであろうとありがたい、という商人の本道に目覚めたのですね。まあ景気が良くなるまでの期間限定ですけど。

>>ただ、スターアライアンス、ワンワールドというアライアンスの中でみれば、SFCやJGCのような半永久上級会員は、まだまだ特殊な存在だと思います。日本の中だけで異常事態になっているような。

 んー航空会社は国ごとにそれぞれ事情が異なり、アメリカなんか、まさにバス代わりに飛行機を使い、日本より運賃が安く、大西洋横断の便数は日米の比ではなく、もっと気軽に頻繁に利用しているようです。必ずしも半永久上級会員制度を作らなくても、乗る人は毎年、日本ほどの経済的負担もなく、ステータスを実現しちゃってたりしてませんかね。アライアンスにおいて、そうした航空会社個別の事情を、相互に金銭的負担含め認めるかどうかという話なので、本当に日本だけが特殊、異常なのを加盟他社が嫌々ながら認めているだけなのか、どうなんでしょうね。日航へのワンワールド、スカイチームからの熱烈なラブコール騒動を見れば、全日空もスタアラにおいて、かなりのやんちゃをしても許されそうな感じもします。

>>結果的に、ステータスが大衆化してしまったら、気が付けば、航空会社がLCCになっていたりして。

 えーと、私が結論をそこに持っていきたがっていたことに、くりゅぐさんもお気づきだったのではないかと(笑)。大衆化、大衆化、とあれだけ書いてるし。LCC化は、ある日突然、運賃が安くなって、席の事前指定がなくなって自由席になり、預け荷物が有料化する、ということではないのでしょう。「下」からは飲み物サービスなどが少しずつ削減されていく。「上」からは、少数の上級会員向けだったサービスが大衆に開放され、それに伴って質が下がっていく。そうして最終的に「上」と「下」が溶け合う、ということなのかなと思います。その途中で、改めて少数限定の「上」向けサービスの新設は当然あるでしょうが、全体としては低サービス低コスト化が進むのではないでしょうか。景気が良くなればまた別ですけど。

低サービス低コスト化

>Yでそれをやるのは、想定外ですよねえ
搭乗客リストにステータスは記載してあっても、国内線か国際線か修行僧か(笑)、なんて記載はないと思うので、想定していたのではないでしょうか。

>乗る人は毎年、日本ほどの経済的負担もなく、ステータスを実現しちゃってたりしてませんかね
いつも利用している人はステータスを実現しているでしょうが、私みたいに一過性に実現した人を、その後も優遇するかどうか、という違いですかね。

今後、エコノミーの低サービス低コスト化が進む一方、対象限定の高サービスと分かれていくのでしょうね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:[2010年ANAプレミアムポイントボーナスキャンペーン
トラックバックURL:
http://krugcollection.blog86.fc2.com/tb.php/1609-437d00ce

マイレージニュースヘッドライン(2010/2/27~2010/3/12)

こんばんは、マイレージ・クレジットカード好きのジョージ滝川です。 今週も、一週間のマイレージ関係のニュースをまとめて振り返りたいと思います。 なお、メールマガジン読者の方には同様の内容+αを毎週土曜日発行のメールマガジンで一足お先にお届けしています。


タグ: JAL上級会員 空港ラウンジ JMBサファイア ANAカード ビジネスクラス スターアライアンス ANA上級会員 陸マイラー ANAプラチナ ANA陸マイラー ワンワールド SFCカード サーチャージ ダイアモンド ワールドパークス ノースウェスト航空 スイカsuica 機内食 特典航空券 JAL陸マイラー ANAJCBカード 成田空港 JAL修行 JGC修行 JGCカード ダイナースクラブ 南アフリカ ユナイテッド航空 格安航空会社LCC ANA修行 アップグレード SFC修行 ANAVISAカード ファーストクラス Gポイント攻略法 マイレージプラス 特典カレンダーと手帳ダイアリー 世界遺産の旅 電子マネーWAON ボーイング787 Edyチャージ改悪 トルコ ANAAMEX コードシェア JGCプレミア PEX攻略法 デルタ航空 パスモpasmo ANAマイレージ改悪変更 スカイマーク ケープタウン イスタンブール ANAプレミアムクラス スカイマイル JALカード 優先搭乗 ANAストライキ CMサイト攻略法 羽田空港 チェックインカウンター ライフカード キャセイパシフィック カンタス航空 ブリティッシュエアウェイズ JALマイレージ改悪変更 ヨハネスブルグ オーストラリア エアバスA380 JAL国内線ファーストクラス ANAプレミアムパス 香港 ルフトハンザドイツ航空 CMサイトでマイル JALストライキ 新型インフルエンザ トルコ航空 スルガ銀行ANA支店 ジェフグルメカード フランクフルト AZUREアズール 公共料金クレジットカード支払い ケアンズ マクロミル攻略法 エアーズロック QUICPayクイックペイ カッパドキア トラべレックスでマイル シドニー Pontaポンタ パリ パムッカレ JAL株主優待 ウィーン オーストリア航空 北京 GetMoney!攻略法 Yahoo!ショッピングでJALマイレージ ANAダイナースカード スカイチーム mpackでマイル ソウル仁川 ANA株主優待 タヒチ旅行 アシアナ航空 へそクリック攻略 ロンドン モンサンミッシェル コペンハーゲン 中国国際航空 ネットマイル攻略法 マイル事後登録手続き へそクリック攻略法 ちょびリッチ攻略法 楽天市場でANAマイレージ ボイスポート攻略法 楽天カード Smartplus/VisaTouch スカンジナビア航空 MyPoint/マイポイント攻略法 ランス JALマイルフォン ANA生涯マイル ヴァージンアトランティック航空 ANA旅達 クレジットカード海外旅行保険 ECナビ攻略法 


track feed マイレージ・JAL JGC/ANA SFC修行
SEO対策:ANA:JAL:マイレージ:旅行:管理者ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。