マイレージ・JAL JGC/ANA SFC修行 TOP > スポンサー広告 > スポンサーサイト> JAL国内線国際線廃止撤退路線一覧 > JAL国際線撤退29路線へ大幅上積み成田=サンパウロも

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JAL国際線撤退29路線へ大幅上積み成田=サンパウロも

JALは、国際線撤退廃止を、2010年度末までに16路線から29路線に上積みするとのこと。あの、成田=サンパウロ路線も含まれています。


■JAL国際線撤退29路線へ大幅上積み成田=サンパウロも

日航の国際線撤退、29路線へ大幅上積みへ(読売新聞)

日航は今年1月にまとめた再生計画に、成田―ローマ便や関西―ロンドン便など16路線の撤退を盛り込んだ。新たに上積みするのは成田―サンパウロ、ミラノ便や関西―バンコク、北京便などだ。中部空港では8路線のうち5路線から撤退する。一方、羽田―サンフランシスコ、パリ便など7路線を新たに就航させる方針で、09年度に65だった路線は10年度末に43となる。


新たに撤退するのは、13路線。

  • 成田=サンフランシスコ、サンパウロ、ミラノ、デンバサール、コナ
  • 関西=バンコク、デンバサール、北京、杭州、香港
  • 中部=バンコク、広州、天津

その一方で、羽田空港の路線を7路線増やすとのこと。サンフランシスコ路線は、成田から羽田に移行する、ということですね。


日航は、5年以上先としていた大型機のボーイング747(ジャンボ機)とエアバスA300―600の全機退役時期を、10年度末までに前倒しする。


公的資金投入の効果でしょうね?

全日空の社長は、以前、公的資金で航空機を刷新することを牽制する発言をしていましたが、燃費効率や座席数の多い機体は、早く見直す必要があるのでしょう。


JAL国内線国際線廃止50路線が判明

日本航空赤字路線廃止16路線


タグ:JAL国際線撤退29路線へ大幅上積み成田=サンパウロも

「マイレージ・JAL JGC/ANA SFC修行」内で同じタグの記事へ

FC2ブログ内で同じタグの記事へ



同一カテゴリー「JAL国内線国際線廃止撤退路線一覧」内の関連記事


コメント:[JAL国際線撤退29路線へ大幅上積み成田=サンパウロも
さすがですねぇ

さすが、くりゅっぐさんですねぇ。情報が早い。

最初、この記事はJALインタのことかと思ったのですが、
コナ線とかが入っているところを見ると、JAZとかも含めてのようですねぇ。

リゾート路線はJAZをLCCにすれば、方針としてわかりやすいのですが、
近距離リゾート中心の欧米線LCCと違い、遠距離リゾートが多い、
日本ではリゾートLCC線は運営が少し難しいのかもしれません。
日本からの近距離リゾートは沖縄・マリアナ方面だけですよね。

個人的にはサンパウロ線は政治的に難しいと思っています。
移民問題やリオのオリンピックがありますからねぇ。

記事では撤退とありますが、廃止は2国間協定等における
枠の問題とかありますから、なかなかできないでしょう。

通常はせっかく国際協定で確保した枠をつぶさぬよう、
また自社や国内他社等が再展開できるよう、休止扱いにするはずです。
(枠は会社のものではなく、国と国との間での枠なので)
なので、撤退という言葉がどちらをさしているのかが、
気になります。記者さんも理解して書いているかどうか・・・。

JALは3年間で復活しなければならないので、それまでは休止し、
2016年前には再開したりするのかもしれませんねぇ。

アジアとSFOのトランジット迷子

 今日は各メディアに日航の路線削減の話が出ましたが、メディアごと、削減数に違いがありました。それなりに情報源が違うってことなんでしょうかね。

 栄光のJAL001便サンフランシスコ発成田行き、その逆のJAL002便が削減になるとは、寂しい限りです。乗ったことないんですが。といっても、羽田発着に変更ということですね。

 中にはアジアから乗継でサンフランシスコ、またその逆という客も、日本の航空行政がハブを目指すなら増えるかもしれませんが、
アジア→ 成田 → 陸路 → 羽田 →サンフランシスコ
ということになりますね。あー不便。便があるなら、
アジア→ 関空 → 羽田 → サンフランシスコ
のほうがいいかも? 成田や羽田のハブ化と日航の再建策が混じり合って、結果、乗客が不便になった、というしょうもない話です。

JALの国際線路線削減情報

とうろさん、コメント有難うございます。
>遠距離リゾートが多い、日本ではリゾートLCC線は運営が少し難しいのかもしれません
近距離よりも、遠距離の方が運営が難しいのは、距離当たりの単価が下がるため、と考えてよろしいでしょうか?

>枠は会社のものではなく、国と国との間での枠なので
なるほど、JALのものではないと。当面休止して経営を立て直し、リオのオリンピック頃再開を目指す、は合理的ですかね。

いつかさん、コメント有難うございます。
>メディアごと、削減数に違いがありました。
まだ、情報源があちこちあり、不確定要素が多い、ということでしょうか?とうろさんのおっしゃるように、一航空会社では決められない問題もある、ということでしょうか?

>アジア→ 成田 → 陸路 → 羽田 →サンフランシスコ
この図式は避けたいですよね。ますますハブ化が中途半端に。
アジア⇒羽田⇒サンフランシスコ、と乗客の利便性が図れるような運航ダイヤになるといいですね。

確か「中部~バンコク」線ってタイ国際航空との共同運行便でしたね。
「中部~パリ」線みたいに共同運行会社であるエールフランスが引き継ぐ事なく撤退してしまったから、タイも同じ運命に同じ運命になるのでしょうね。

この路線も名古屋空港時代から運行していた路線でもありましたし・・・。

どっちつかず

>>アジア⇒羽田⇒サンフランシスコ、と乗客の利便性が図れるような運航ダイヤになるといいですね。

 くりゅぐさん、お言葉ですが(笑)。アジアのある都市から羽田行きの便が設定されるとサンフランシスコへの乗継には便利ですが、それ以外の欧米各都市へのトランジットは成田まで陸路移動しないといけないので不便になっちゃいます。そのアジアの都市から羽田と成田、両方に飛ぶのは日航の体力、需要から見てどうでしょう? アジアのその都市から東京への便が成田か羽田の二択ならやっぱり成田、もう一便飛ばすとしても、羽田より、国内で分散の建前上、関空かなと思ったのでした。 

 だから、私の持論の、羽田は全日空+スタアラ、成田は日航+ワンワールド、スカイチームその他にすれば良かったのに(笑)。サンフランシスコ便プラスアルファの欧米便だけ羽田に持ってこられても、客は混乱すると思うんですけどね。

おはようございます

まはろさん、おはようございます。
>確か「中部~バンコク」線ってタイ国際航空との共同運行便
調べてみましたが、タイ国際航空との共同運航便(5035便)もありますが、JALで1日1往復(737便、738便)運航しているようですね。
JAL撤退とともに、路線廃止になってしまうのでしょうかね。

いつかさん
羽田と成田のすみ分けは、なかなか難しいですね。ただ、まだ羽田に十分な発着枠がないので、羽田に就航しているのは、北京、上海、香港、ソウルだけですし、アジア=羽田路線にすべてシフトすることはできません。羽田へ就航していない都市からサンフランシスコへの乗り継ぎは不便になりそうですが、その場合は日本を経由しなくてもいいのではないかと(ハブ空港化としては、本末転倒ですが)。
>羽田は全日空+スタアラ、成田は日航+ワンワールド、スカイチームその他
政府が支援する代わりに、そのような政策を打ち出したら驚きですが、合理的な面もありますかね。ただ、ワンワールド、スカイチームがだまっていないかと。

一部国際線への乗継は羽田に移動ねがいます

>羽田へ就航していない都市からサンフランシスコへの乗り継ぎは不便になりそうですが、その場合は日本を経由しなくてもいいのではないかと(ハブ空港化としては、本末転倒ですが)。

 そう言ってしまうと日航の儲けにならないのでどうしましょう、と思ったんですけどね。国際線は成田主体、という縛りがある以上、一部路線のみ羽田という状態がずっと続くわけで、成田=羽田乗継に該当した少数の人の陸路移動は不可避ですね。ニューヨークやロンドンで複数の空港があることは海外でもすでに認識されていると思います。東京もこれから、成田、羽田にまたがって運航してますよ、というPRも必要かもしれませんね。

 成田と羽田で日航と全日空が住み分ける、というのはたまに書きますけど、極めて便利なのに非現実的な暴論ですので、放置していただければ(笑)。

成田⇔羽田の乗り継ぎ

>東京もこれから、成田、羽田にまたがって運航してますよ、というPR
混乱を避けるために、成田か羽田かをはっきり明示しておく必要もあるでしょうね。

>極めて便利なのに非現実的な暴論ですので、放置していただければ(笑)。
つられてしまうのですよね(笑)

タイのダイヤと相次ぐ中部地域の受難

>調べてみましたが、タイ国際航空との共同運航便(5035便)もありますが、JALで1日1往復(737便、738便)運航しているようですね。

タイ国際航空の日本語版のHPでも確認してみましたが、とりあえず夏ダイヤでは現状通りですが、もしかすると冬ダイヤにて無くなるかも知れませんね。

最近では名古屋空港からの完全撤退により、周辺地域の春日井・小牧の2市と豊山町が自衛隊の基地機能の強化に繋がると懸念していると地元紙(中日新聞の地域面)が紹介されております。また中部から相次ぐ路線撤退が続くと空港の存在自体も問われても仕方が無いですね。

航空自衛隊小牧基地

まほろさん、おはようございます。
中部=バンコクは、これからの冬ダイヤに盛り込まれるのでしょうね。

名古屋空港から撤退すると、自衛隊の基地機能強化につなげられる余地が出てくる、ということですね。地元の方々は懸念されますよね。
成田・羽田の発着枠増加もあり、中部は関空とともに苦戦を強いられていますよね。

なかなかするどい指摘ですなぁ

いつかさんのご指摘なかなかするどいですなぁ。
10年前、実はANAはまさにその戦略だったのですよ。
(私は関係者ではありませんが)

当時、成田に拠点を持っていたJAL、羽田に拠点を持っていたANA。
ANAは、自社の羽田に集中している各種経営資源(整備、人員など)を
生かし切ると同時に、競争相手のJALの経営資源分散化による非効率化
を狙って羽田の再国際化を叫び始めました。
経営戦略上、一石二鳥の政策だったわけです。

そのために、長年にわたりANAは東京都庁や東京商工会議所などに
再国際化を働きかけ、結果、航空局の首を縦に振らせることに成功しました。

でも、それってANAという会社の部分最適解になっても、
社会全体の最適解にはなってませんよね。

内際分離政策というのは、話題となっている乗継需要への対応など、
航空ネットワークの観点からは、決しておかしいものではなかった
んだと思います。

昨今のハブ空港で成田乗継が仁川乗継に負けているのはけしからん
との報道がたくさんありますが、国交省や空港会社などの資料によると、
日本からの仁川乗継は年間54万人、一方韓国からの成田乗継は66万人。
また、乗継客全体の人数は仁川約400万人、成田約600万人など、
ハブ空港として負けているなんていう論調は嘘っぱちです。
(多分に右巻きの論調のような気がします)

そもそも本来のハブ空港化の目的は、お金を持っている
外国人ビジネスマンが集まりやすい場所(空港)があれば、
会議や展示会などでお金を国内に落としてくれるだろうと
いう経済的視点からです。いわゆる対インバウンド政策です。
決して対アウトバウンド政策ではありません。

なので、本来は北米⇔アジア間の乗継旅客(特にUS)というのが、
日本にとって最重要対象なはずなのですが・・・。
(欧州⇔アジア間は地理的にシンガポールや香港が優位なので)

それが、どうも羽田国際化の議論とごっちゃまぜになり、
当初の目的からはずれて、日本人が海外に便利に行くための
ハブ空港みたいな、わけのわからない議論になっている
のが、今の現状だと思います。

個人的には羽田国際化より、成田都心間アクセス改善のほうが、
インバウンド、アウトバウンド両方の利便性が増し、効果があると
思うのですが・・・。

まあ、これもある種個人的暴論ですね。(爆)
くりゅっぐさん長文再コメントすみませんでした。

羽田拠点のANA

とうろさん、ありがとうございます。
>10年前、実はANAはまさにその戦略だったのですよ。
当時の状況をまったく知りませんでした。羽田に拠点を置くANAにとって、羽田の国際化は都合が良かったのですね。

>ハブ空港で成田乗継が仁川乗継に負けているのはけしからん
なるほど、乗り継ぎ客の数字をみると負けてはいませんね。国際貨物量が負けていることと、ごちゃごちゃになっているのかもしれませんね。

>日本人が海外に便利に行くためのハブ空港みたいな、わけのわからない議論
そうですね、そういう論調がありますよね。逆に、日本にやってくる外国人が、地方に行きやすい、というメリットはありそう。

>成田都心間アクセス改善
これは、ホント、そう思います。7月17日開業予定の「成田スカイアクセス」に期待ですが、36分よりもっと早くなるといいですね。

結局成田と羽田で並存ですが

 こんにちは。私が、成田と羽田でアライアンスごとに住み分けを、と書いてもう半年が過ぎてしまいました。ttp://krugcollection.blog86.fc2.com/blog-entry-1460.html#more

 10年前、ANAが羽田国際化の戦略だったのは知りませんでしたが、経営資源を投入していたのは、明らかでしたね。日本の航空行政は日航が最優先で、国際線については、成田において日航はともかく、その次はアメリカ勢、全日空は3番手といったところじゃないですかね。国内線はまだ全日空に分があり、勢力拡大の上では羽田国際化を主張するしかなかった。つまり、積極的にも消極的にも、全日空は羽田派ってことではないでしょうか。

>>国交省や空港会社などの資料によると、
日本からの仁川乗継は年間54万人、一方韓国からの成田乗継は66万人。また、乗継客全体の人数は仁川約400万人、成田約600万人など、ハブ空港として負けているなんていう論調は嘘っぱちです。

 おお、これは根本的な指摘ですねえ。私は、空港なんてしょせん玄関、と前から思ってて、国力があれば、空港がいくら貧弱でも便数、そして旅客数は増えざるを得ない、とずっと思っていました。それを裏付ける数字が出て、うれしいです。シンガポール空港は、無料ネットPCや無料映画館が空港にあったり、韓国は茨城まで飛行機を飛ばして集客し、それが可能なコストカットを図るという、いずれも涙ぐましい努力ですが、しょせん小手先でしかありません。まあ、だから成田は努力しなくていい、ということではないのですが、あまり隣国を意識しても立場が全然違う、という感じもしています。

 羽田に国際線が一部移ってくると、成田との国際線の乗り継ぎは混乱するでしょうが、それ以上に、国内線とサンフランシスコ行きを直結できる、という利便性があるのは確かですね。一般的に、羽田発が、同じ行き先で成田発より高い値段になっているのは、便利であることから安定した集客が見込めるということでしょう。あちら立てればこちらが立たずですけど、まあそうして成田と羽田が並存という時代にずるずると入っていってしまうのですねえ。

国力次第

いつかさん、おはようございます。
>国力があれば、空港がいくら貧弱でも便数、そして旅客数は増えざるを得ない
そうですよね、官民ともにその国へ往来しないといけませんからね。空港うんぬんよりも、人口が減っていく中での国家成長戦略が大事ということですかね。

>羽田発が、同じ行き先で成田発より高い値段
日本国内線との乗り継ぎが良いと、日本人のみならず、外国人にとってもメリットがありますね。日本は、人口100万人以上の都市があちこちあるので、そういう都市にビジネスチャンスがでてくるのではないでしょうか?

YOKOSO JAPAN

>>日本は、人口100万人以上の都市があちこちあるので、そういう都市にビジネスチャンスがでてくるのではないでしょうか?

 なるほど、たしかにそうですね。このブログはくりゅぐさんの人柄から、穏便かつ建設的に話が積み上がりますね。マイル関係では珍しいのでは(笑)。そこに図に乗る私ってことになるのですが、テーマは、

「成田と羽田でどう住み分けるのか」

です(そうだっけ? 笑)。私は、スタアラが羽田、それ以外が成田、という「アライアンス別」を提示したわけですが、これはあまりにも非現実的。各アライアンスともにそれぞれ便を成田と羽田で運航することになります。では、どういう基準で羽田発着便を決めるべきか。くりゅぐさんの発言をヒントに暴論? 第二弾です。

「日本への観光客を当て込める都市からの便を羽田発着にする」

でどうでしょうか。日本は観光庁を発足させ、ジャニーズ嵐を観光大使に任命するなど、景気回復の柱のひとつに「海外からの観光客誘致」を掲げています。香港、台湾、韓国、中国あたりが重点誘致国、あとはアメリカあたりでしょうか。そうした国、都市からの便を羽田発着にして、雪まつりの札幌、リゾートの沖縄ほか、全国の都市につなぐことで東京だけでなく、日本全体に便利に観光客が行けることをアピールする、ということです。羽田は国際線同士のトランジットは(ほとんど)想定しない。国内線への乗継を念頭にダイヤを組むのです。

 実際にも、もともと成田からの便数の多い都市との便が、羽田からも飛ぶということでしょうから、上記の基準と結果的に重なるとは思いますが、こういう基準を設けることで、なぜ羽田にも国際線なのか、まだ少ない羽田の枠を何に使うのを効果的と見なすのか、を明確化でき、成田との住み分けもスムーズに仕分けられるんじゃないかなと思うわけなんですけど、どうでしょうね。

観光大国日本へ

いつかさん、こんばんは。

>日本への観光客を当て込める都市からの便を羽田発着にする
基準がクリアにはならないかもしれませんが、コンセプトは同感です。結果的には、おっしゃるように、成田への便が多い都市に、羽田路線も就航が見込まれますよね。

>国内線への乗継を念頭にダイヤを組むのです
これ、重要だと思います。羽田発の便が深夜出発なら、羽田への国内線乗り継ぎが便利だといいですし、その逆もそうです。札幌からの国際線利用者が、成田に前日泊では大変すぎです。
羽田での乗り継ぎがスムーズになれば、ヒロシマやナガサキを、オバマ大統領が訪問しやすくなりますかね

御礼

>基準がクリアにはならないかもしれませんが、コンセプトは同感です。

 同感いただくとともに、いずれにしても前向きに考えていただきありがとうございます。そんな提案をココに書かれても、と言われちゃったら身も蓋もなく、それは分かってて書いているわけで、やっぱりここではそういうキャッチボールが出来て、とてもうれしいです。

>羽田での乗り継ぎがスムーズになれば、ヒロシマやナガサキを、オバマ大統領が訪問しやすくなりますかね

 これは一体?(笑) 大統領は専用機ではないでしょうか。東京から大阪までなら、アメリカは高速鉄道網開発の構想もあることですから、新幹線に乗っていただく手もあるかと思うのですが、広島までは遠すぎるかもしれませんね。

大統領は専用機

いつかさん、おはようございます。
いつかさんの提案、現実的かどうかはさておいて(笑)、いつも興味深いです。

そうでした、大統領は専用機ですね!(笑)
話の流れで、ついつい、オバマもトランジットするイメージが。

JAL国際線運休路線案がすっぱぬかれてますねぇ。

今週の週刊ダイヤモンドにJALの更生計画案が出ています。
国際線の各種運休案と路線毎の利益率など大変興味深い
数字がでています。
http://diamond.jp/articles/-/7854

くりゅっぐさんの分析と感想を是非伺いたいですねぇ。
よろしければ記事をお願いします。

国交省の国際線撤退案

とうろさん、おはようございます。
国交省の国際線撤退案、情報有難うございます。
撤退案に路線ごとの利益率は、興味深いですね。
記事を考えてみます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:[JAL国際線撤退29路線へ大幅上積み成田=サンパウロも
トラックバックURL:
http://krugcollection.blog86.fc2.com/tb.php/1638-f4022ced

マイレージニュースヘッドライン(2010/3/27~2010/4/3)

こんばんは、マイレージ・クレジットカード好きのジョージ滝川です。 今週も、一週間のマイレージ関係のニュースをまとめて振り返りたいと思います。 なお、メールマガジン読者の方には同様の内容+αを毎週末発行のメールマガジンで一足お先にお届けしています。 メー


タグ: JAL上級会員 空港ラウンジ JMBサファイア ANAカード ビジネスクラス スターアライアンス ANA上級会員 陸マイラー ANAプラチナ ANA陸マイラー ワンワールド SFCカード サーチャージ ダイアモンド ワールドパークス ノースウェスト航空 スイカsuica 機内食 特典航空券 JAL陸マイラー ANAJCBカード 成田空港 JAL修行 JGC修行 JGCカード ダイナースクラブ 南アフリカ ユナイテッド航空 格安航空会社LCC ANA修行 アップグレード SFC修行 ANAVISAカード ファーストクラス Gポイント攻略法 マイレージプラス 特典カレンダーと手帳ダイアリー 世界遺産の旅 電子マネーWAON ボーイング787 Edyチャージ改悪 トルコ ANAAMEX コードシェア JGCプレミア PEX攻略法 デルタ航空 パスモpasmo ANAマイレージ改悪変更 スカイマーク ケープタウン イスタンブール ANAプレミアムクラス スカイマイル JALカード 優先搭乗 ANAストライキ CMサイト攻略法 羽田空港 チェックインカウンター ライフカード キャセイパシフィック カンタス航空 ブリティッシュエアウェイズ JALマイレージ改悪変更 ヨハネスブルグ オーストラリア エアバスA380 JAL国内線ファーストクラス ANAプレミアムパス 香港 ルフトハンザドイツ航空 CMサイトでマイル JALストライキ 新型インフルエンザ トルコ航空 スルガ銀行ANA支店 ジェフグルメカード フランクフルト AZUREアズール 公共料金クレジットカード支払い ケアンズ マクロミル攻略法 エアーズロック QUICPayクイックペイ カッパドキア トラべレックスでマイル シドニー Pontaポンタ パリ パムッカレ JAL株主優待 ウィーン オーストリア航空 北京 GetMoney!攻略法 Yahoo!ショッピングでJALマイレージ ANAダイナースカード スカイチーム mpackでマイル ソウル仁川 ANA株主優待 タヒチ旅行 アシアナ航空 へそクリック攻略 ロンドン モンサンミッシェル コペンハーゲン 中国国際航空 ネットマイル攻略法 マイル事後登録手続き へそクリック攻略法 ちょびリッチ攻略法 楽天市場でANAマイレージ ボイスポート攻略法 楽天カード Smartplus/VisaTouch スカンジナビア航空 MyPoint/マイポイント攻略法 ランス JALマイルフォン ANA生涯マイル ヴァージンアトランティック航空 ANA旅達 クレジットカード海外旅行保険 ECナビ攻略法 


track feed マイレージ・JAL JGC/ANA SFC修行
SEO対策:ANA:JAL:マイレージ:旅行:管理者ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。