マイレージ・JAL JGC/ANA SFC修行 TOP > スポンサー広告 > スポンサーサイト> JALマイレージバンクJMB > 乗務手当廃止、賃金体系変更へ日本航空

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乗務手当廃止、賃金体系変更へ日本航空

日本航空(JAL)は、パイロットや客室乗務員に、実際の乗務時間にかかわらず一定額を支給していた乗務手当などを廃止し、乗務時間に応じた賃金体系に変更する方針を固め、労働組合に提示しました。


■乗務手当廃止、賃金体系変更へ日本航空

<日本航空>乗務手当廃止へ…賃金体系変更、労組に提示(毎日新聞)

日航は従来、機長は月80時間、副操縦士は65時間、客室乗務員は50時間と、実際の乗務時間と無関係に一定時間乗務したとみなして手当を支給してきた。しかし、債務超過額が予定より膨らみ、8月末までにまとめる更生計画案で、金融機関に債権放棄額の上積みを求めざるを得なくなったため、高給につながると批判されてきた乗務手当の廃止を提案することにした。賃金体系の変更で総人件費を圧縮し、銀行団の理解を得たい考えだ。


あわせて、地上職も含めて、年功序列の賃金体系も業績や能力に応じた仕組みに改めるようです。


このような乗務手当が、実際に乗務していた時間よりも高額になっていたのでしょう。


民間だったら、たとえば残業代は毎月いくらまで、と上限を設けて人件費を抑制するのでしょうが(これも問題ですが)、JALの場合は、むしろボーナスを与えていた、と考えられます。


他の航空会社が同じなのかはわかりませんが・・・さすが親方日の丸のJAL。

債務超過額が膨らんだためとはいえ、賃金体系への改革踏み込みが甘かったことが露呈した格好です。


赤字が拡大しているJAL、再生への道のりは険しいですね。


タグ:乗務手当廃止、賃金体系変更へ日本航空

「マイレージ・JAL JGC/ANA SFC修行」内で同じタグの記事へ

FC2ブログ内で同じタグの記事へ



同一カテゴリー「JALマイレージバンクJMB」内の関連記事


コメント:[乗務手当廃止、賃金体系変更へ日本航空
安全の確保

 日航が本来の意味の再構築(リストラクチャリング)をしなくてはならないのは当然のことなのですが、「整備部門については聖域とする」くらいの方針を出さなくて大丈夫なのか心配です。現在、リストラは経営側が完全に主導権を握って、労組に対しても強硬な姿勢になっているようです。

「機材の種類も減らし、便数も減らし、さらに全社的にコスト削減しているのだから、整備部門の人数、人件費もこれだけ削ろう」
という計算が、机上の空論になっていないかどうか。

 整備部門の現場の声を、経営側としても聞いているでしょうが、従来、そして一般的に、労組を通じて本音が聞こえてくることがあり、その部分を今の雰囲気では黙殺できる感じになっているように思えます。

 暴論かもしれませんが、今の飛行機はほとんど自動操縦だし、自分が今乗っている飛行機に不具合があっていいと思うパイロットはいないので、パイロットはそこそこの待遇でもきっちり仕事をすると思います。また地上職やCAの人件費、あるいは空港や機内でのサービスもギリギリ削減するのは現状、やむを得ないと思いますが、とにかく安全の確保だけは絶対優先すべきで、その点、大丈夫なのかと懸念しています。

整備部門出身の社長

いつかさん、コメント有難うございます。
安全の確保は最優先されるべき点ですよね。一律に整備部門もカット、という考えは、おっしゃるように危険ですよね。
社長の大西賢氏が、整備部門出身なので、整備を軽視することはないと思いたいですが、会社全体の流れに逆らえなくなる可能性もありそうですから心配ですね。

そうまでしてもサービス削減はやらない

 パイロットの早期退職を追加募集するという話も出ました。 http://www.asahi.com/travel/news/TKY201007160013.html
 残っても賃下げですしね。どうも銀行に再建計画を認めてもらうために、顔色をうかがいながら小出しに、しかも確固とした再建方針を持たないまま、守るべき部分を捨てているような気がするのです。私の場合、LCC化することこそが確固とした再建方針だと言ってるわけですが。

 億単位の金をかけて養成したパイロットを退職させるというのは大変なことです。もちろん、そういう高価な人材ですから、賃下げしてもなるべくクビにせずにやっていこう、という方針を打ち出すとしても、今度は優秀な人間が、高給を求めて自分から辞めていったりしますので、そういうわけにもなかなかいかない。稲盛氏は就任時、クビは避けたいと言っていましたが現実は厳しいですね。

 そんな状況でも、Yクラスにおける地上や機内のサービスのギリギリの削減をしないというのは、そんなにも「日航のYのお客さま」は贅沢なのでしょうか。少しでもサービスを切り下げたら客離れがはっきりするのでしょうか。だったら、もっと運賃上げたっていいのでは(笑)。

 たしかに、LCC化というのは、儲からないのに、少なくとも切り替えの初期は大変な手間ひまがかかるやり方です。国民に航空業に対する意識改革を求めないといけなくなります。それよりも、クビを切って給料を下げるほうが確実に再建できる、というのが現在の方針なのでしょう。私だって、日航はまだ給料を下げる余地があると思っています。それにしても、そっち方向だけというのが、長期的な展望に基づくものなのか、今さえよければよい、銀行さえ納得させてこの夏を乗り切ればよい、という弥縫策ではないのか、という懸念があるのです。

再建方針

いつかさん、おはようございます。
>確固とした再建方針を持たないまま、守るべき部分を捨てているような気がする
JALの再建方針、ホント見えないですよね。融資の時期になると、小手先の再建案を追加する、その場しのぎな感じですよね。
赤字路線削減、人員削減だけで再建とはいえないでしょうから、LCC化方向に限らずとも、JALの存在意義が問われますよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:[乗務手当廃止、賃金体系変更へ日本航空
トラックバックURL:
http://krugcollection.blog86.fc2.com/tb.php/1746-62affb8f


タグ: JAL上級会員 空港ラウンジ JMBサファイア ANAカード ビジネスクラス スターアライアンス ANA上級会員 陸マイラー ANAプラチナ ANA陸マイラー ワンワールド SFCカード サーチャージ ダイアモンド ワールドパークス ノースウェスト航空 スイカsuica 機内食 特典航空券 JAL陸マイラー ANAJCBカード 成田空港 JAL修行 JGC修行 JGCカード ダイナースクラブ 南アフリカ ユナイテッド航空 格安航空会社LCC ANA修行 アップグレード SFC修行 ANAVISAカード ファーストクラス Gポイント攻略法 マイレージプラス 特典カレンダーと手帳ダイアリー 世界遺産の旅 電子マネーWAON ボーイング787 Edyチャージ改悪 トルコ ANAAMEX コードシェア JGCプレミア PEX攻略法 デルタ航空 パスモpasmo ANAマイレージ改悪変更 スカイマーク ケープタウン イスタンブール ANAプレミアムクラス スカイマイル JALカード 優先搭乗 ANAストライキ CMサイト攻略法 羽田空港 チェックインカウンター ライフカード キャセイパシフィック カンタス航空 ブリティッシュエアウェイズ JALマイレージ改悪変更 ヨハネスブルグ オーストラリア エアバスA380 JAL国内線ファーストクラス ANAプレミアムパス 香港 ルフトハンザドイツ航空 CMサイトでマイル JALストライキ 新型インフルエンザ トルコ航空 スルガ銀行ANA支店 ジェフグルメカード フランクフルト AZUREアズール 公共料金クレジットカード支払い ケアンズ マクロミル攻略法 エアーズロック QUICPayクイックペイ カッパドキア トラべレックスでマイル シドニー Pontaポンタ パリ パムッカレ JAL株主優待 ウィーン オーストリア航空 北京 GetMoney!攻略法 Yahoo!ショッピングでJALマイレージ ANAダイナースカード スカイチーム mpackでマイル ソウル仁川 ANA株主優待 タヒチ旅行 アシアナ航空 へそクリック攻略 ロンドン モンサンミッシェル コペンハーゲン 中国国際航空 ネットマイル攻略法 マイル事後登録手続き へそクリック攻略法 ちょびリッチ攻略法 楽天市場でANAマイレージ ボイスポート攻略法 楽天カード Smartplus/VisaTouch スカンジナビア航空 MyPoint/マイポイント攻略法 ランス JALマイルフォン ANA生涯マイル ヴァージンアトランティック航空 ANA旅達 クレジットカード海外旅行保険 ECナビ攻略法 


track feed マイレージ・JAL JGC/ANA SFC修行
SEO対策:ANA:JAL:マイレージ:旅行:管理者ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。